Photoshop 合成ワークショップ:水中に浮かぶ女性

イラスト風の質感に

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
油彩やハイパスといったフィルタを応用し、よりフラットでイラストのような雰囲気を適用して仕上げを行います。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは、よりフラットな質感を作って仕上げを行います。それでは今、この写真が元なので細かい皺なんかがありますけどこういったもの、適度にそぎ落ちしてイラストのようなフラットな感じにして仕上げを行いたいと思います。それでは、まず全体これの結合のイメージを作ります。では Command もしくはCtrl+A を押して全体を選んだ状態で「結合部分をコピー」これを実行します。そしたら Command もしくはCtrl+V でペーストを行ってで、もう1回行ってください。ペースト2回行います。同じイメージを2つ作っておきます。ではこの一番上は目玉をクリックして見えなくしておいて2番目のここですね、これは右クリックしてスマートオブジェクトにしましょう。そしたらまず、このスマートオブジェクトの方からフィルターを適用します。では「フィルター」のメニューから「表現手法」>「油彩」これを実行します。この「油彩」ですけどこんな風な油絵風の筆で塗ったような感じの表現ができるフィルターです。これなんですけど、設定によってはこんな風に細かい部分をそぎ落とすという使い方もできます。ではちょっと実際やってみましょう。 まずこの「形態」という所これ 3.5 にしましょう。そして「クリーン度」これを 5 にします。そして「拡大・縮小」これを一番左に持って行って0.1 にします。「密度の詳細」これも左に持って行って 0 にします。そして「光源」をオフにしておきます。この状態で OK します。すると、拡大してみると服の表面がこんな感じになりました。ちょっとオン・オフしてみると使用前はこんな感じでした。かなりディティールがあった感じなんですけど今の処理を加えるとこの様にかなりデフォルメされて質感が滑らかな感じになりました。より写真を元にして作ったというよりは最初から描いていたイラストのような感じになりました。そしたらもう一段階処理を加えてみましょう。もう一個のレイヤーをオンにします。そしてこのレイヤー描画モードを「ハードライト」にしておきましょう。すると、こんな感じになります。では、ここに対して「フィルター」の「その他」の中にある「ハイパス」これをかけます。「ハイパス」かけるとこっちはグレーになるのでまた色がでてきますね。この半径を変えてやるとどんどん、この細かい部分が省略されていきます。では「半径」を 1.1 にしましょう。 これで OK します。そうすると、オン・オフしてみるとこんな感じでエッジの部分こうした形を表してる所のエッジの部分が強調されて、より強調して描いたイラストのような感じになりました。ではこの2つ、もう片方Shift キーを押しながらクリックして選んで、右クリックして「レイヤーからのグル-プ」これ実行します。そうすると、オン・オフできますね。大枠では同じなんですけど細かい所ですね。あまりに細かすぎる物はこの様に省略することでより絵画チックになって作品の面白さを強調できます。これですべてのイメージが出来上がりました。一見して写真を元に作ったとは思えないようなイメージですが切り抜きと合成を行ったうえで細かく色や明るさの調整を行うとこの様な非常に凝ったイメージを作ることもできます。是非オリジナルの素材でも試してみて下さい。

Photoshop 合成ワークショップ:水中に浮かぶ女性

Photoshopにはまるでリアルなイラストのような幻想的な光景を作るためのさまざまなツールが用意されています。このコースでは複数の写真からパーツを集めて被写体を構築する方法や人間の肌の補正、水中や光の調整の仕方、髪の毛の切り抜き方やイラストのような質感の作成方法など、写真やペイントを組み合わせてイメージを表現するための数々のテクニックを解説します。

2時間10分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。