Nuke 10 実践講座

NukeとNuke Xの違いとは?

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
NukeとNukeXの違いを紹介します。
講師:
02:43

字幕

このレッスンでは Nuke とNukeX の違いについてお話しさせて頂きます。現在、いまこの講義はNuke を使ってしておりますがNukeX は実写向けの、合成コンポジットソフトウェアと言われています。まず使える機能と使えない機能が大きく違うのですけどNukeX では Camera Trackerこれは撮影された素材をトラッキングすることによって3D 空間にカメラが持てるようなそんな機能になります。実際に Nuke では使えないんですが使おうとしますとこの様に、ライセンスがありませんという感じで跳ね返してしまいます。その他にこちらFurnace というプラグインです。FurnaceCore というプラグインが装備されているんですけどこの様に白抜きになってしまい使えないようになっています。後は MotionBlur です。此方の方も白抜きで使えない機能になっています。Nuke と NukeX の見分け方ですけど此方のメニューから NUKE ってなりますけどNukeX には、この表示ではNUKEX という風に表示されます。大きく違うのはその辺りなんですけどメーカーのホームページよりこちらにありますNUKE NUKEXこちらの黒い点がない所がNuke の方です。 Match GradeFURNACE plug-ins ですね。その他 Vector Generator とかLens Distortionこんな感じです。Planner Trackerその辺りが使えなくなっています。しかし年々使える機能が増えてきております。例えば Denoise だったりとかその辺りは前回は使えなかったようです。今回は使えるようになっています。ですからどちらの機能がいいのかNuke NukeXぜひ検討してみて下さい。このレッスンでは Nuke と NukeX の違いについてお話しさせて頂きました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。