Nuke 10 実践講座

効率のいいノードツリーの組み方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際にノードを組む時にスピードが早くなる組み方を紹介します。
講師:
05:32

字幕

このレッスンでは効率のいいNode Tree の組み方についてお話ししたいと思います。まずこの様に素材があった場合これを合成しようと思った時従来であればMerge Nodeこちらですね、Merge のタブからMerge を選びますが、それ以外にもTab キーを押してMerge を取り出すそんなやり方もあります。もしくはショートカットですね。ショートカットは M になります。ですから M を押して、この Merge Node を出す方法があります。やはりショートカットを使った方が速くでてきます。こんな感じです。それ以外にもっと効率のいい速く繋げる方法があります。よく見ておいて下さい。まず B にこの ChekerBoardそして ColorWheel はA サイドにつなげるんですけどまずフォアグラウンドにあるColorWheel そしてShift を押しながらChekerBoard をクリックして選択します。この状態で繋ぎますとB には ChekerBoardA には ColorWheel という感じで繋げてくれます。その他にショートカットによる繋げ方もあります。例えば、こんなに沢山の ColorWheel用意しましたけどこの Merge Node なんですけどまずフォアグラウンドにこの B サイドの ChekerBoardそして A をこの ColorWheel に繋げるんですけどこの Merge こちら側にA2 というA2 ですね、という矢印が隠れております。 それをこの様な形でまだ繋ぎます。そんなことが可能になります。こういう風にやっていくんですけど。これが1つ1つやっていくのは面倒なのでまず B を予め繋げておきます。そして Merge を選びその後にキーボード Shift を押しながら繋げたい素材を選びます。その時点でショートカットキーボード Y を押して下さい。そうしますと、一気にこういう風に繋げることが可能になります。この Y凄く便利な機能になります。その他に Merge 以外に繋げる方法としまして例えばちょっと Geometry の Cube でも繋げておきます。こんな感じでコピー&ペーストで繋がります。そしてこれを一緒に取りまとめるものですね。こんなシーンのこの Nodeこちらもこういう風に繋げるですけど選び方はまず大本のある、このシーンの Node を選びそして繋げたいものを選びます。その時点で Y を押しますとこんな風に繋がります。ですから、ほかにもこういう風なつなぎ方例えば Node がいっぱいあってこんなに離れていったとしてもこの辺にあったとしてもまずシーンを選びそしてこちらの繋げたいものを押せば一気に繋がりますからわざわざ近くに、このNode を持って行かなくても離れてても繋がるようになります。 選択する順番としてまずその繋げたいものを、大元ですね。そして繋げたいものを選んでY のキーボードを押せば大丈夫です。他にはたとえばこういう感じで繋がっていたとしてもこの Node と Node の間に例えば Grade Nodeショートカットで言う G になります。こういう感じで一度切り離さなくてもまずこういう感じでショートカットで出して、すぐに繋げれるそういう技とか身に付けておくとどんどんどんどん、この Node Tree の組み方がスピードがアップしていきますので是非このショートカットと選択の仕方など研究して自分なりの技を磨いて頂きたいと思います。このレッスンでは効率のいい Node Tree の組み方についてお話ししました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。