Nuke 10 実践講座

RotoPaintノードについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合成には欠かせないペイント機能です。使用方法を説明します。
講師:
06:18

字幕

このレッスンでは Roto Paint Node についてお話しさせて頂きます。早速ですが Roto Paint を出しましょう。こちらの Draw のタブから2つ目ショートカットですとキーボードの P になります。出します。Viewer 画面を大きくしますとこちらに Viewer 画面アイコンがでてるんですけどこの Properties に表示させてないとでてきません。ですから、ダブルクリックをしてProperties を表示させこちらのアイコンが現れます。もし邪魔な場合は見にくいと思うのですけど四角の所、これをクリックすると出たり入ったりという風に表示が変更可能になります。同じように、こちらの方もこの上の方のメニューアイコンメニューも閉じたり、開いたりという表示変更が可能になります。では早速なんですけどこの Roto Paint ですけどまずこちらのアイコンブラシのアイコンになってます。そして Shift を押しながらドラッグしますと、サイズがブラシのサイズですね、と同時にこちらのサイズも変更です。比例してます。そしてこういう風に描いてみます。こちらのブラシのアイコンをもう1度押しますと Eraser ですね。 もう1度押すとブラシに戻ります。なので、消したい場合今ブラシで1つ描いたのですけどこの Eraser で描いたものを実際に消すことができるのがこの Paint Node になります。そして、それ以外に今はこのクリックでアイコンを切り替えたんですがマウスの左ボタン長押しするとこういう風にメニューが展開されます。後はこちらです。Clone 機能というのがあります。1回こちらの消してみます。Clone 機能は、例えばスタンプツールみたいなものです。そして Shift で同じようにサイズが変更そして Command キーです。Command+ ドラッグ でWindows ですと Ctrl キーになります。このブラシのスタンプツールと同じような機能この左側の円の方がコピー元そして右側の丸の方円の方がブラシの方です、描く方です。ですから、例えば、この辺をちょっとこんな風に消したい場合に有効です。但し、気を付けて頂きたいのはプロパティの画面に戻ります。このブラシですけど、デフォルトですとシングルフレーム、つまり1枚現在塗ったフレームしか適用されません。ですから2フレーム目に行きますとこんな感じで1フレーム目しか消せません。 ですから、これを全部同じように最後のフレームまで消したい場合はProperties の画面に戻ります。そうしますと、まずこの Clone という先程塗ったものがリストに追加されています。これの Lifetime に行きます。Lifetime で lifetime typeあります。現在は single frame に設定されてますのでこれを一番上にある all frame を選びますと、Viewer 画面に戻りますね、そうしますとこんな感じで適用されます。こんな感じです。但しトラッキングはしてませんのでトラッキングする場合は、また別にこの Transform の Node を使ってすることができます。続きまして、Reveal です。Reveal の方はこちらに CheckerBoard出してみましょう。そして、この CheckerBoard の所に、この Roto Paint に左側にあります、矢印を繋げます。今 bg1 というのがでてますのでこの bg1 の所です。それが塗った所がbg1 が現れてくるというそういう時に使います。ちょっと消します。それ意外に、こちら BlurSheapen でSmear です。 Blur の方はこんな Blur がかかる効果になってます。Sheapen はクリアに、こんなクリアにしていくそして Smear はこういう風に引っ張ったような絵になります。こちらのブラシの方、必要な時に使われると良いと思います。この Roto Paint なんですけどこの様にまず簡単なシンプルなものになってますけどブラシとか Erase 消したりとかできますので、また合成にはとても欠かせないツールになってます。是非覚えておいて下さい。このレッスンでは Roto Paint Node についてお話しさせて頂きました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日
再生時間:3時間21分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。