Nuke 10 実践講座

カーブを編集しアニメーションを変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CurveEditorでは様々な方法でカーブの変更が可能です。代表的な方法をピックアップし紹介をします。
講師:
06:56

字幕

このレッスンではカーブを編集しアニメーションを変更することについてお話したいと思います。ではまず用意したファイルがあります。すでにこちらのトランスフォームにアニメーションキーフレームが打たれております。では早速いきたいんですけどもまずノードグラフの横にありますカーブエディタをクリックし表示させます。そしてスペースバーで拡大。今回は X についているアニメーションのカーブなんですけどもこのようにキーフレームが打たれた場所を選択することができますね、ドラッグして。例えばなんですけどまずこの真ん中についているキーを今カーソルが十字になりましたね。そしてクリックします。そうしますと現在の場所ですね。このポジション。X が 25 と Y が 190 になっています。この数値のあたりにカーソルを持っていきましてダブルクリックしますとこちらを数値入力で変更することができます。元に戻しますね。もう一度こちらの数値をダブルクリックしてそして変更。こんなことが可能になります。元に戻します。その他にまずこのポイントがついているカーブ、全選択全部選択したい場合Mac ですと Command+A になりますがWindows ですと Ctrl+A になります。それでショートカットで引きますと全部選択することができます。 この状態でマウスの右ボタンを押しますとメニューが出てきます。その中にエディットというメニューがあります。こちらのエディットのメニューの中なんですけどもカット、イレース、このカーブ自体を消すことができるんですね。元に戻します。全選択してイレースもこちらで消すことができます。ショートカットはですねこちらにあります。キーボードのDelete で消すことができますね。元に戻しまして。もう一度ですね。このメニューを出します。あとコピーとペーストがありますが使い方を少しお教えします。まずですね、コピー。今キーフレームのポイントを全部選択しています。この状態で例えば Copy Curb これを選びます。そしてこのタイムラインのスライダーなんですけども現在のフレームを表します。例えばフレームを外しまして60 から始めたい場合にもう一度カーブを全部選択しましてそしてペーストですね。そうしますとこの 60 から始まる先程コピーしたカーブがペーストされます。もう一度違う所でやってみましょうか。25 あたりに。そして選択を全部しまして右ボタンでエディットのペースト。こういう感じでコピーアンドペーストでこのカーブを編集することができます。 ちょっと元に戻しましょうね。その他にですね。このキーフレームに打たれたポイントの移動ですね。もちろんドラッグしたりで移動もすることが可能なんですけどもこちらのメニューからエディットの中にありますムーブで数値入力することによって移動することが可能になります。現在は X が 25 フレーム目にあるんですけどもこれを 35 フレーム目に移動させたい場合は 35 と打ちます。Y はそのままで結構です。そこに OK を押します。そうしますと 35 に飛びます。元に戻しますね。じゃあもう一度やってみますね。まず選択をしましてムーブ。そうするとここで気を付けないといけないことがあります。例えば X を動かしたくない。Y だけを例えば 50 とした場合ですね。動かしたくないポイントはこの数値を入力するパラメーターにX と入れておいてください。Y でしたら Y と入れてください。例えばゼロと入れた場合そうしますとこのポイントはゼロフレームに行ってしまいます。この X 方向に関しては。ですから必ず X と入れてOK とやりますと 40 のところに移動するんですね。その点だけ注意してください。元に戻しまして。 あとその他に全体をスライドするように動かしたい場合は全部選択をして、このようにスライドすることができます。Y 方向の縦でしたら Y 方向の十字の時にはい、ここですね。例えば全部でしたら真ん中ですね、十字の部分の、を移動することもできます。それ以外ですね、例えばもう少しスピードを変えたいとかスケール間でこういう風に移動することもできます。こんな感じですね。そうしますとアニメーションの編集や変更もこれで簡単に作業を行うことができますね。このレッスンではカーブを編集しアニメーションを変更することについてお話をさせていただきました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。