Nuke 10 実践講座

アニメーションをリンクさせる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Expressionを使いパラメータをリンクさせる方法について説明をします。
講師:
04:40

字幕

このレッスンではアニメーションをリンクさせることについてお話しをさせて頂きます。この Transform には既にアニメーションが付いております。そしてこの現在付いているアニメーションのキーフレームを別の Transform にリンクをさせるということが、この Nuke ではできます。まず早速ご覧頂きたいと思います。まず Transform Node を出します。Transform のタブからTransformショートカットで言いますとキーボードの T になります。ちょっと、見やすいようにウィンドウをこの様に横に並べてみますね。まず現在左側が既にアニメーションが付いていますね。そして、こちらにありますAnimation menuこちらのアニメーションのメニューからCopy を選びます。そして一番下にありますCopy Linkこれを選択します。続きまして、この Transform2 の方に移りましてこの Animation menu をクリックしそして Paste の方に行きましてPaste Absoluteこれを選びますと、現在リンクされた形になります。ちょっとこちらの方を閉じます。グリーンの矢印で繋がってるんですけどこれは現在リンクされたことになってます。 リンクが外れると、このグリーンのラインも消えるんですけど実際にどういう風にリンクしているかちょっと見てみましょう。まずこちらのAnimation menu からEdit expressions を選びます。そうしますと Experession の文字が入ってるんですけどこちらの Transform1.translate.x下の方は Translate1.translate.yこの様に文字を入力することによってこちらの Transform の位置の値をリンクさせることができるんですね。閉じますね。先程紹介したやり方はこの Transform1 のAnimation menu からCopy で Copy Link を選びました。もっと簡単な方法が実はあります。もう一度こういう風にしてみます。そしてこちらのリンクを一旦外させて頂きます。まず、こちらTransform のメニューAnimation menu にカーソルを持っていきますと、この様にカーソルが手の平に変わります。この状態で Command キーです。Mac で言います Command キーWindows ですと Ctrl キーです。 それを押しながらドラッグしてきます。そしてリンクさせたい場所に行って+ボタンに変わったと思います。この状態でマウスボタンを放します。そうしますと先程と同じようにリンクが張られるわけですね。ですから、このまま数値を見て頂けると分かると思います。全く同じ数字で行くと思います。現在はこのスケール行ってませんからスケールも同じようにCommand または Ctrl を押しながらリンクさせます。そうしますと、この完全に一致するアニメーションですね。こんな感じです。この様に Experesion を使って実際にリンクをさせて作業効率をアップを目指す。そんなやり方もあると思います。この Experesionリンクの張り方是非覚えておいて下さい。このレッスンではアニメーションをリンクさせることについてお話しをさせて頂きました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日
再生時間:3時間21分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。