Nuke 10 実践講座

GridWarpのアニメーション

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GridWarpのGridを使いアニメーション作成方法を紹介します。
講師:
03:59

字幕

このレッスンではGridWarp のアニメーションについてお話しさせていただきます。まず、GridWarp を取り出します。GridWarp はTransform のタブからこちらにあります、GridWarp を選びます。そして、もう少し短くしましょうかね。シャープの方をこちらにアウトでそしてイン点を 1 でこういう感じでやってみたいと思います。まず、1フレーム目ファーストフレームに行きましてこんな感じでちょっとやってみましょうかね。ちょっと鼻が曲がっちゃっていますね。いかがでしょうかね。こんな感じで変形させました。そして、この Destination Grid にキーが打たれています。この状態の形を覚えて次のフレームにラストフレームに行ってみます。ラストフレームは、もう少し変形をさせていきたいんだよね。真ん中のあたりもこんな感じでそうしますと、こういったアニメーションが可能になります。それで、このアニメーションなんですけども例えば、ラストフレーム最後のフレームにですねこの最初のフレームとこのグリッドの形ですね、同じにしたい場合このグリッドの形をコピー&ペーストで移すことができます。まず、全部選びましょう。 そして、まず、ポイントの方ですねこちらのマウス右ボタンで選ぶことによりメニューが出てくるんですけれどもこちらの copy values こちらの value をコピーします。そして、ラストフレームに来て同じようにマウスの右ボタンでPaste します。そうしますと、ファーストフレームとラストフレームが全く同じグリッドの形になります。これで既にアニメーションはついていますからこういう感じのアニメーションになりますね。こうやって、アニメーションをグリッドのアニメーションなんですけれどもキーフレームを打つことによってアニメーションの作成も可能になります。そして、このキーフレームの編集なんですけれどもまず、キーフレーム今、ちょうど 20 フレーム目に行っていますけれどもこちらの Go to the next keyframeこのボタンを押すことによって次のキーフレームにいくことができます。そして、消したいキーフレームがあったらこのマイナスで削除することが可能になります。こちらの Grid Warp ぜひともキーフレームを打ってアニメーションを作ってみてください。このレッスンでは、GridWarp のアニメーションについてお話をさせていただきました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。