Nuke 10 実践講座

SplineWarpノードについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
SplineWarpでワーピングの方法を説明します。
講師:
06:26

字幕

このレッスンでは SplineWarp Node についてお話したいと思います。SplineWarp Node はSpline を用いて画像を変形させます。まず Transform のタブからSplineWarp を取り出します。そして Viewer Node をくっ付けます。まず、こちらに Shape リストRoto リストとも言いますけどこちらの Roto と全く同じような感じで作ることができます。まずこちらから Besier を取り出しましてこの様に作ってみます。そして囲うようにして作ってみます。できましたらまずこちらマウス右ボタンをクリックします。そしてこちらにありますduplicate in A and join を選びます。クリックします、選びます。そうしますと、こちらのRoto のリストにBesier2 というのがコピーされます。同じものですね。この Besier1 と 2 なんですけどdeplicate、コピーした時点でまた Join するという形で選択しますとBesier1 の方が Source 側Besier2 の方がディストネーションというイメージでお持ちになっても大丈夫と思います。 ですから、このままBesier2 をこちらの方で選択をしてこの Viewer 画面で動かしますと、こんな風に画像の方、変形することが可能です。ちょっと戻します。またはこんな感じで変形させることができます。ですからちょっと拡大しすぎました。こちら側が Source 側の Splineそしてこちら側が ディストネーションの Spline ということになります。まず、このポイントに繋がってるこの Source 側とディストネーション側のSpline 同士で繋がってるこの黄色のライン見えてますでしょうか?こちらがWarp をする歪ませる方向を示しています。ですから、こちらに合ったポイントのSource 側のポイントが現在、此方の方に移っているという示したラインになります。こちらの今現在ポイントとポイントでこのライン、黄色いラインが繋がってますけど増やすことができます。こちらのメニューになります。長押しでマウスの左ボタン、長押しででてきます。まずこの Add Point の方を選びます。そうしますとこんな風に追加することができます。そして今現在、こちらのポイントはこっちの方向ディストネーションの Spline の方向に拡大されているというのが目で確認することができます。 もう一度こちらのメニューModify此方の方で、その角度修正することができます。こんな風にですね。そうしますと、このSource の Spline からディストネーションの Spline に広がる時に均等に広がるそんな風に調整できます。続き来まして、こちらです。Remove です。こちらで、この先程追加したポイントを消すことが出来ます。次は 閉じない Roto ですね。そちらの方をやってみたいと思います。こんな風にやります。そして今は現在閉じているんですけどこちらのopen/close shape を選びますと閉じない1本の直線のSpline になります。こちらの方をこんな風に鼻筋を通るような感じでラインを書きます。そして Properties に戻ります。そうしますと Besier3 の方が今できてます。これを、こちらのリストからマウス右ボタンで選択します。同じように Deplicate in A and join を選びます。そうしますと Besier4 として追加されJoin されます。この状態で 今現在こういう風に囲ってごめんなさいそのままの状態で、こんな風にずらすことができます。 こちらの SplineWarpグリッドと違いましてRoto 間隔で作れるワーピングですので気軽に画像を歪めたりとかそんなことができるツールになってます。是非使ってみて下さい。このレッスンでは SplineWarp Node についてお話しました。

Nuke 10 実践講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke 10を使用して、実際に制作現場で役立つショートカットやノードツリーの組み立て方、RotoやRotoPaintの紹介、ワーピングやモーピングの使い方などを段階的にひとつひとつ詳しく説明します。

3時間21分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月23日
再生時間:3時間21分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。