Excel 2013厳選!ワークシート関数

入力のモードを理解しよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルの操作には3つのモードが存在します。それぞれのモードで、カーソルの動きなどが異なります。
講師:
02:34

字幕

関数を入力している途中で矢印キーを押すと参照するセルのアドレスが自動的に入力されます。このレッスンではそうした矢印キーの挙動について解説します。アクティブセルをセル A6 に移動します。=sum と入力して括弧を入力すると矢印キーでセルを参照できる様になります。試しに左向き矢印キーを押してみましょう。矢印キーを押すたびに参照するセルのアドレスがsum 関数の引数に表示されます。ではセル内のカーソルを移動する時はどうしたら良いでしょう。矢印キーを押すと参照セルが移動してしまいます。この時 Excel 画面の左下に注目してください。参照と表示されているはずです。これはセル入力の参照モードという意味です。参照モードの時は矢印キーで参照セルが移動します。Excel には 3 つのモードがあります。セルに関数を入力し始めると先ず入力モードになります。入力モードの時関数が未完成の間は矢印キーを押すことで自動的に参照モードに切り替わります。参照モードでは矢印キーで参照セルの移動になります。矢印キーを使ってセル内のカーソルを移動するにはこの参照モードから編集モードに切り替えます。モードを切り替えるにはfunction キーの F2 を押します。 F2 を押すと Excel 画面左下の表示が編集に切り替わります。参照モードの時は矢印キーで参照セルが移動します。編集モードの時は矢印キーでセル内のカーソルが移動します。2 つのモードを切り替えるにはfunction キーの F2 を押します。この仕組みとキー操作を是非理解してください。

Excel 2013厳選!ワークシート関数

Excelは誰もが知る表計算ソフトですが、数値の計算や文字の抽出などができるワークシート関数を使いこなしてこそ業務の効率化につながります。このコースでは苦手意識を持つ方が多いワークシート関数を使うために、必要な基礎知識から業務で役に立つさまざまな関数まで順を追って解説します。

1時間37分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。