InDesign CC 2015のアップデート

GPU による描画パフォーマンスの向上 (Mac のみ)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GPU を利用して描画機能が強化されました。これを活用すると作業中の表示が少し変わり作業効率が大きく代わる可能性を秘めています。
講師:
04:53

字幕

画面描画にGPU、Graphics Processing Unit というハートウェアを利用することができようになりました。これにより強力な画面表示が可能となり作業効率を向上させられる可能性が出てきています。この GPU を利用した描画今の所 Mac だけの機能なんですが全ての Mac で使えるわけではなくて条件を満たした Mac であれば使えるという形になっています。ホームページを見ると、条件が載っていますが一番最初簡単な確認作業としては「環境設定」>「GPU パフォーマンス...」こちらを選択します。そして、今使っている環境がGPU を使った描画が可能なのであればこの「GPU パフォーマンス...」という所にチェックが入れられる様になります。残念ながらこの環境は利用できないんですがどういう環境であれば利用できるのかそれを知るためにはここにある「詳細」ですねこちらのリンクをクリックします。そうすると、Web ブラウザーでこの項目に関するページが開かれます。その中にある「必要システム構成」ですねこちらの方に載っています。先ほども言った通り、現在この機能は Mac だけという形になっていますので具体的に、どの Mac ならば使えるという様なことが載っています。 更に詳細であれば、Adobe ではなくてアップルの方のページですねこちらを開いて確認するということも可能です。そして、これを使うとどんなことができるのかというのは更にその下にありますので興味のある場合には是非とも見てみてください。簡単にまとめると、今まで画面表示これに関してはCPU が行っていました。これを GPU という別のハートウェアで行いますから今までちょっときれいな画像を扱って見ようということになってくると非常に気遣ったもしかすると、Mac 内のファンが回って非常に大きな音を立て始めていたそんな状況でも、別のハードウェアを使うのでファンは動くかもしれませんがCPU の負担はそれ程増えないという形で非常にきれいな画像を今まで通りのスピードで使えるという様な可能性があります。それが特に現れるのが例えば、ここです「表示画質」デフォルトでは、表示は「一般」の画質で行われているかと思います。先ほど見た様にこれくらいでないと、きついわけですね。InDesign で画像などを配置しレイアウトし、完成品を作っていくこの様な作業は当たり前の様に行いますがその際、高品質のものを使えば確かに完成イメージそのイメージ通りの表示内容で作業をすることができます。 しかし、そうすると、先ほどと言った様にCPU の負担が増えいわゆる重い状態になってしまいます。これを別のハードウェアを使うことさえできれば高品質の画像を使ったままレイアウトを行っていく今まで通りのという形ですねこれが可能になります。ほんのちょっとのことですが低画質のものを使ってレイアウトしていた最終的な出力をしてみたらちょっと気に入らないずれが発生したそんな様なことが減ってくるはずです。更に、GPU が使えた場合には「アニメーションズーム」ということを行うこともできる様になります。勿論ズームですから拡大したり、縮小したりこの時に、アニメーションが行われます。例えば、拡大した時にどの部分を拡大したのか縮小した場合に今まで見ていた部分は何処に縮小されていたのかこれがアニメーションで行われるため分かります。パッと切り替わってしまっては今まで作業していた場所を見失うかもしれません。しかし、アニメーションが行われれば何処に移ったのかが分かります。これで、作業が途切れることなく続けられるこんな可能性を秘めています。この様に、GPU が使えることによって描画機能が強化されそれにより、作業効率がアップするそんな可能性を秘めた機能強化が行われています。

InDesign CC 2015のアップデート

InDesign CC 2015には、今までは複雑な手順で行ってきたことを非常にシンプルに実現する機能がいろいろと搭載されました。このコースではInDesign CC 2015に新たに追加された機能を中心に紹介します。段落に背景色を指定したり、表に画像を配置できるという機能は簡単なことながら今後の作業で非常に便利に使えるでしょう。

36分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年09月23日
アップデート日:2016年06月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。