Nuke 10 基本講座

チャンネル新しく作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
チャンネルを新しく作る方法、新しく作ったチャンネルに Shuffleノードを使って画像を入れ込む方法を説明します。
講師:
04:48

字幕

このレッスンではチャンネルを新しく作成することについて話します。Nuke では各 RGB チャンネルに対しても更に別チャンネルとして作成することができます。このチャンネルを作成することによって速くアクセスができる、素材が捜しやすくなるなどと色々な便利なことがあるので是非覚えてください。では、用意した素材を見てみましょう。Viewer 画面で拡大します。RGB それぞれチャンネルがありますがそれプラスアルファチャンネル全部で4つのチャンネルがあります。これに対してまた新しくチャンネルを追加するんですが作成の仕方はViewer 画面の左上にあるchannels の項目をクリックします。そして一番下にある new を選びます。new を選ぶとNew layer としてウィンドウが立ち上がります。まず最初に名前を入れてみましょう。今回は木なので、tree とかそんな感じですかね。そして全部で4つのチャンネルが必要なんですけども4つというのはレッド、グリーン、ブルー、アルファの4つのチャンネルが必要になります。そして red とか打つのが良いんですけど一番速いのはここの Auto の中にあるこの rgba をクリックすると一度に記入してくれます。 この状態で OK を押します。OK した時点でまず、ここの最初に見てみたchannels の項目がtree という項目が増え更にチャンネルを選んでいるViewer も今( )して tree と出ていますがtree のチャンネルを見ていることになります。ただ、今チャンネルを作っただけなので真っ暗な状態で何も情報がありません。ここに、新しく作ったチャンネルに絵を差し込む、絵を挿れたい場合こちらにある上から4つ目の項目のこのチャンネルの中にShuffle というのがあります。この Shuffle ノードを出します。この Shuffle というのはトランプを切る場合もこう切ったりするんですけど混ぜ混ぜにしたりとかする感じなんですかね。それを、まずこのRGB チャンネルにあるものをこの tree に移動してしまおうといった感じのイメージで想像してください。やり方はこの Shuffle のパラメーターからin 1 が今 rgba が選んでおります。そして各 RGB が縦に入ってきています。なので、この状態で例えば r のこのボタンを消したりとかもすることができますが全部の情報をシャッフルしたいので全部チェックを入れておきます。 そして右側矢印が右側の方に行ってますね。こちらに変換いわゆるシャッフルをするという意味です。こちらの項目を先程作ったtree にします。先程ここのchannels の画面の中にtree 項目があって切り替えたんですが真っ暗でした。今は Shuffle のノードを使ってこの tree に画像を入れたので現在は tree の中はこの木の画像が入れ込んだことになります。このように、チャンネルを理解するのは大変難しいことではあるんですが今後 Nuke を使うことによってこのチャンネルを理解しないと作業効率をなかなかアップできないことがあります。是非この Shuffle を使ってチャンネルの移動をトライしてみてください。以上、チャンネルを新しく作成することについて話しました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。