Nuke 10 基本講座

チャンネルの削除

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
チャンネルの削除について説明してます。削除は簡単で選ぶだけで簡単に削除ができます。
講師:
03:07

字幕

このレッスンではチャンネルの削除についてお話しします。チャンネルを削除するにはまず左側のこのアイコンから上から4番目この中にある Remove を選びます。この Remove ノードですが現在このアイコンを見てみると(all) という風に表記されていますね。この意味は、現在表示されているこの素材ですがこの全て持っているチャンネルを全部削除している状態なんです。ですから、繋ぐともう何もない状態チャンネルがありませんから真っ暗な状態になります。この素材に対してはこれだけいっぱいチャンネルが用意してあるんですけどもでは、1つだけ削除したいという場合はどうするのかやってみましょう。まず、どの素材を消すか確認してみましょう。例えば、こちらの DiffuseFilter はこんな風になっていますがこれだけを削除したい時にRemove ノードを使います。まず、Remove ノードをダブルクリックしてプロパティに表示させます。そしてこのチャンネルの項目から削除したいチャンネルを選びます。今回は DiffuseFilter を削除したいのでこのチャンネルを選びます。そうすると、今どのチャンネルを選んでいるかというのがここで表記して分かるようになっています。 確認してみましょう。先程 DiffuseFilter があったんですけどもうこの辺りには既に無い状態です。つまりここでこの Remove ノードを使って消えたことになります。この Viewer 画面でもう一度こちらの Read1 に繋げてみて見てみますと確かにこちらの DiffuseFilter があるんですけどもViewer をこの Remove に繋げた時点でありませんね。DiffuseFilter が削除されたことが分かります。このように、チャンネルを削除したい場合はRemove ノードを使うことになります。このレッスンではチャンネルの削除について話しました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。