Nuke 10 基本講座

Keymixノードについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
簡易的に合成が可能になる Keymixノード。注意する点や使い方を説明します。
講師:
04:09

字幕

このレッスンではKeymix ノードについてお話しします。Keymix とは Merge ノードとは違ってKeymix ノードを使うことによって簡単に2枚の絵を重ねることができます。まず Keymix ノードを取り出してみましょう。Keymix ノードはこちらのアイコンになります。Merge のカテゴリの中から上から2番目です。ズームをしてまず Merge ノードと同じようにB、Aこの2本の矢印が出ていると思います。考え方は同じでB はバックグラウンドA はフォアグラウンドと考えて大丈夫です。そして今回違うのはこちらに mask という矢印が出ています。まず繋げてみましょう。まず バックグラウンドの B にこちらのバックグラウンドを繋ぎます。そして A はこの素材に繋げてみましょう。今回はこの A にはアルファチャンネルが入っていません。そしてこちらの素材にはあるんですけどもこちらはアルファチャンネルが入っています。このアルファチャンネルを使用したいと思います。ですから、mask はこちらの方に繋げるようにします。結果を見てみましょう。Viewer をこの Keymix に繋げます。こういう感じで合成することができます。 こちらは over ですね。Merge ノードにある over と何ら変わりはありません。要は、この mask を使ってA と B がそれに対してマスクで切り抜いている感じの結果がこんな風になるんですね。但し、Merge ノードの over と違って注意点が1つあります。まず、A に入るこのフォアグラウンドの素材なんですがアルファチャンネルが無くても大丈夫なんですけども必ずアンプレマルチという素材を使ってそして A に差し込む必要性があるんですね。もしプレマルチのかかった素材を繋げてしまうと黒いエッジが出る恐れがあります。そこだけ覚えておいてください。ダブルクリックしてProperties に表示させますがまず mask channel現在は rgba.alpha つまりこの素材は Viewer で見ると分かると思うんですけどrgba のこの素材ですね。それの alpha を使います。ということを示しています。そして、この下にある mix です。これは、いわゆる opacity 透明度を表します。これが 0 でしたら合成の結果もこのような形になり先程のフォアグラウンドを載せた絵が無くなってしまいますね。 これを 0.5 と入れると半透明になりますね。これを徐々に上げていき1まで行くと普通通りの合成になるという形になります。Merge ノードを使ってやるのもいいんですけども大体のコンポジターさんはKeymix を使ったりとかして簡単に合成をさせる時もあります。是非、この Keymix を取得してみてください。このレッスンでは Keymixノードについて話しました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。