Nuke 10 基本講座

カラースコープを使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Nukeにはカラースコープが備わっています。メニューからの出し方や使い方について説明します。
講師:
05:53

字幕

このレッスンではカラースコープを使う説明をしたいと思います。カラースコープ、この Nuke ではカラースコープというものが備わっています。早速見てみましょう。まず、こちらにグレーの四角い物が各このプレートの中にあると思います。これをまずクリックしましょう。そうしますと、こういったサブメニューが出てきます。その中にありますWindowsこの Windows をさらにいきますと一番下の方、こちらになります。New Scope この項目が全てスコープ関係になります。まず上から順番にHistogram を出してみましょう。ヒストグラムというのは、ちょっと見ていただきましょう。こちらの両脇がダークエリア、暗い部分ですねそして、真ん中あたりがミッドゾーン中間色に当たるんでしょうか。そして、右側の方に行くと明るくなるようなこういった明るさを表示して各 RGB と共に表示するんですね。もっと分かりやすく、見ていただきたいんですけどもこちらで、こういったグラデーションを用意しました。そうしますと、このグラデーションに沿って暗い所から段々と明るくなってくるのが分かると思います。ちなみにこのヒストグラムのこの RGB のついたバーですねこれをクリックしますと各 RGB チャンネルのヒストグラムが表示されるようになります。 上からレッドチャンネル、グリーン、ブルーそして、下の方に白いのがあるんですがこれは Alpha チャンネルになります。もう一度押しますと、元に戻ってきますね。ちなみにこちらこのメニューを選びますとActive Viewer、 Viewer 1 って切り替えることによってその都度の、このビューアーの画面で見たときのヒストグラムを見ることができます。つづきまして、もう1つのスコープこちらの右ボタンもしくは、こちらの方からメニューから選びましてWaveformWaveform に関しましてこちらに移動しましょう。ちょうどビューアー画面で見ている看板ここに看板があるように見えますよねそして先程作ったグラデーションを見てみましょう。グラデーションも暗い所から徐々に上がって明るくなっていくのが分かると思います。ちなみにグラデーションの暗い所は0そして一番明るいところは1といった感じでこのパーセンテージですねこちらも 100 のところで止まっていると思います。但し、このグラデーションリニアで作ったグラデーションなんですね。リニアで作ったグラデーションなんですけどもここのカーブが描いておりますね。こちらのビューアー画面に値します。 この sRGB というガンマが当たっているんですけれども現在 sRGB のガンマを当ててこのビューアーを見ていることになりますのでこういうカーブを描いていくんですね。これをまっすぐにしたい場合はNone を選びますとまっすぐなグラデーションというのが分かると思います。Nuke の場合のコンポジットはリニアカラーにて合成をしますから通常このリニアのグラデーションでも見ている時はこういったsRGB のかかったガンマで合成をすることになるんですね。続きましてもう一度、New Scope に行きます。そして、Vector ですね。現在、この Vector今は真ん中に白くポイントがあると思います。ちょっと拡大しましょう。こちらになりますね。これを今、何も色がついていませんからベクタースコープに関しては中心に来ているんですけれどもこれに色を付けた場合ですと簡易的に色を付けてみましょう。例えば、赤をこういう感じで増やしますと赤の方向を示してきましたね。次に緑を増やしてみましょう。そうしますと、赤とグリーンを足しますと今度は黄色になってくるんですけれども黄色の方向にきますね。これを赤を0にしてしまえばこういう形になります。 といった形で色の具合、いわゆるどういう色味なのかそれとも、どんな明るさいろんな明るさですね。それを確認する事がこのスコープになるんですね。なかなかと使うきっかけがないこのスコープなんですけども是非、使ってみて体験してみてください。以上カラースコープについて説明いたしました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。