Nuke 10 基本講座

ColorLookupノードを使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ColorLookupノードは各RGBチャンネル毎にカーブを用い色を調整ができるノードです。どのようにカーブにポイント追加し移動する方法など説明してます。
講師:
04:27

字幕

このレッスンではColorLookup ノード についてお話ししたいと思います。まず、ノードを取り出してみましょう。こちらの Color のカテゴリーから上から4つ目ですねColorLookup というものですね、取り出します。そして、つなげます。見てみましょう。このプロパティ、まず master があります。その下に red、green、blue alpha と全部で5つ用意されているんですけれどもmaster は red、green、blue alpha を同時にコントロールするそれが master の役割になります。そうではなく、 red、green と別々に調整するにはそれぞれ選んで調整する必要がありますね。まず使い方としましては今回つないだこの素材ですけれどももう少し青色を下げたいなとそんな時にブルーチャンネル、こちらを用意するんですけれどもこちらのグラフを使ってコントロールします。この間にポイントを追加したいんですけれどもポイントの追加の仕方はMac で言いますとCommand+OptionWindows ですとCtrl+Alt キーになります。このふたつのキーですね、押さえながら追加したいポイントにカーソルを持っていきまして今回は真ん中あたりにしましょう。 そして、クリックします。こんな感じでポイントを追加することができますね。実際に青の方を引いてみようと思います。どんどんどんどん引いて青を引いていきますから当然、黄色が強くなっていきますね。その逆に足していくと鮮やかな青がどんどん足していくことになります。そして、この ColorLookupなんですけれどもこのように縦横に動くんですけれどもキーボードのMac の Command+アップルキーなんですけれどもWindows ですと Ctrl キーを押しながらこのポイントを動かします。そうしますと、自由なところに持っていけるそんな感覚で動かすことができます。それがないとただマウスだけでコントロールしようとすると縦もしくは横しか動かないようになっているんですね。斜めに行きたい場合はいかないんですよね。そういう時は、Commandもしくは Ctrl キーを押しながら動きますとこういう風に自由に制限なく動かすことができます。そして、このポイントの削除は選びまして Delete キーを押せば消えます。もしくはこちらにありますresetこの reset で完全に最初に戻ることができます。例えばこんな場所にあってもこの reset を押せばポイントも削除され元の位置に戻ってきます。 この ColorLookup ノード各 RGB チャンネルでこのグラフを見ながら色の調整ができる部分今後、役に立つノードに間違いないと思います。ただ使い方はいろいろやり方がありますのでまずはこのColorLookup ノードを触ってみて慣れるようにしておいてください。このレッスンは、ColorLookup ノードについてお話ししました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。