Nuke 10 基本講座

Positionノードについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の移動ができるシンプルなノードです。シンプルなので見やすくそして作業の動作処理も早くなると言われています。簡単ですが使い方の例を紹介してます。
講師:
02:31

字幕

このレッスンでは Position ノードについてお話ししたいと思います。この Position ノードその名前の通りにこの画像のポジションを付けるためのノードになるんですが例えば、別のノードで Transform この Transform ノードがあるんですけどこちらも画像の位置を決めたりとか回転をしたりとかスケールを決めたりとかできるノードになるんですけどこのノードではなく Position ノードというものがあります。もっとわかりやすくするためにご覧頂きたいと思います。まずこちらの Transform のカテゴリーからCrop を選びます。この Crop は画像をカットする役割を持つノードです。もう少し小さくしてみましょうか。こんな感じでいかがでしょうか。そしてこの Read ノードとCrop ノードの間にPosition ノードを置きます。Position ノードはこちらにあります。Position、こちらですね。選びます。凄くシンプルな Position ノードですね。もう traslate、X と Y しかないです。凄くシンプル。この数値を入力することによってその画像のポジションを決めるものになります。 なので、スケールはできませんが、こういったシンプルなノードを使うことによって今後の作業効率あとノードの見やすさこのノードベースのコンポジットのソフトはノードを組むことによって作業効率がアップすると言われています。ですから、如何にこのシンプルなノードで作業することによって作業の方が更に効率があがるそんな役割を持つPosition ノードなんですね。是非覚えておいて下さい。このレッスンは Position ノードについてお話ししました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。