Nuke 10 基本講座

Trackerノードについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合成には欠かせないトラッキングですが、 Trackerノードの追加や削除、その他の機能についてひと通り説明をします。
講師:
08:03

字幕

このレッスンでは Tracker ノードについてお話ししたいと思います。Tracker ノードを取り出したい時はこちらの左側のメニューからTransform タブそして Tracker で取り出すことができます。そして Propertiesこちらを見て頂きますとこれだけの Tracker Settings Transformと3つのタブを用意しています。順番に説明していきたいと思います。まず add track で Tracker をこんな風に追加することができます。そして、こちらのリストから消したい場合Tracker を消したい場合は、選んでdelete tarcks で消すことができます複数のトラックを消したい場合は例えば、この track 9 から 13 を一通り全部消したい場合はShift を押しながら選びますとこんな感じですね。選択することができ選択したものに対してdelete tracks で消すことが出来ます。次に、こんな風にとばして選んで消したい場合はMac ですと CommandWindows ですと Ctrl を押しながら選び、消すことが出来ます。それ以外にその横select all で全部選ぶことができます。 続きまして、下にあります Exportこの Export は CornerPinCornerPin ノードに書き出すことができます。または Transform として書き出すことができます。続きまして、隣の Settingsこの Tracker ですけどAuto-Tracking と Keyframe Tracking が2種類備わっています。その時の Settings をデフォルトではなく変えたい場合にこちらのメニューを使います。Transform ノードTransform、このタブですね。こちらにあります Transform を選んで上から stabilize・stabilize 1-ptmatch-move ・ match-move 1-ptという形で止めたり追っかけたりとかいう切り替えの時に使ったりとかします。トラッキングしたデータが自動的にここに反映されてきます。続きまして、こちらの Tracker追加ですね。Viewer 画面に対しての追加Tracker の追加先程はこちら、Properties を使ってTracker を追加したんですけど今度はこの Viewer 画面で追加の方法を説明したいと思います。 まず、この Viewer の所にこの左側にあります赤く点灯した所がありますね、カーソルを持ってきますと、これを選びます。そして、自分が起きたいTracker を置きたい場所にクリックします、そうしますとこちらで Tracker が追加になります。もう1度、選びまして何個も何個も追加することができます。そうしますと Properties のトラックのリストに追加されます。もしくは1回、全部消します。もしくは、この1回1回、このボタンこの add tracks を押して終わったらオフにするんですけどこの行為が面倒だなあとかオフにするのを忘れちゃったりとかした場合なんですけどそういった場合に使えるのがショートカットになります。ショートカットは Mac で言いますとCommand+Option キーですね。それを2つのキーを押しながらクリックするとトラックが追加されます。ですから、 Command+Option を押すとこういう風に自動的に赤く点灯します。キーボードのキーを放すとオフになります。これでオン、オフをキーボードで操ることができます。Windows ですとCtrl+Alt キーになります。 Ctrl+Alt でオン、オフを切り替えてみて下さい。続きまして、こちらのエリアになるんですけどなんか再生する、こちらのコントロールするようなものが出てくるんですけど今これが所謂実際にトラッキングする時に使うボタンになります。そして予め用意したトラッキングがTracker があるんですけどこちらのこれ、なんか色が変わったと思います。信号機みたいな配合になってます。これがトラッキングした時の精度になります。赤くハイライトになってる所が精度悪いですよ。グリーンですね、青色の方は精度良いですよ、という感じで一応この色で表示してくれます。普段はオフになっているんですけど。そしてこの、こちらにあります今画面が切り替わったと思います。center_viewer と言います。まずトラッキングですね、この Tracker が画面のセンターにいつでも来るように、どのフレームに行っても来るようになっています。これをオフにすると外されてセンターに来なくなりましたね。ですから、トラッキングする際にこれをオンにしておきます。center_viewer をオンにしておくと見やすくなると思います。そして、次その他にこちらに実際にトラッキングした後の操作をする役割があるんですけど実際に、こちら✕点丸の所に✕点が打ってあります。clear_all というの出てきてますけどこれはもう今トラッキングしたものを全部破棄されてしまいます。 戻します。そしてこちらですね。今のフレーム、30 フレームに持ってきてますけどその前ですね、とったトラッキングを削除します。その逆に、その 30 フレーム以降をトラッキングを全部、データを消しちゃう。そういった機能がここら辺に備わっています。この Nuke の トラッキングTracker ノードですけど頻繁によく使うノードになります。まず、トラックの出し方追加の仕方です。そして消し方などを一度一通りこの辺りを触ってみて、慣れるようにしておいて下さい。このレッスンでは Track ノードについてお話ししました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。