Nuke 10 基本講座

オートマチック・トラッキングする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自動でトラッキングできる機能を実際にトラックしながらやり方などを説明します。
講師:
06:31

字幕

このレッスンではオートマチックトラッキングについてお話ししたいと思います。オートマチックトラッキングは自動的にトラッキングしてくれる機能になります。まず Tracker を取り出しましょう。Tracker は Transform のタブからこちらにあります Tracker を選びます。ダブルクリックしてProperties に表示させます。そしてこちらでもadd track でトラッキングの方は追加されますが画面のど真ん中に来てしまいます。ですので、任意で自分で場所に置きたい場合例えば今回、この壁あります黒い模様が付いてる所ここをトラッキングしようってなった時に一番便利なのは、この Viewer 画面からTracker を追加するのが一番速いと思います。追加の仕方は、こちらの左上にありますadd_tracks をオンにします。オンにすると、赤くハイライトでつくんですけど、この状態でクリックします。そして追加し終わったらオフにします。もしくはキーボードのCommand+Option 押しながら、追加Windows ですと Alt+Ctrl押しながら追加します。そしてキーボードを放せば自動的にオフになります。 これでこの、まずトラックのエリアこの黒いポイントの辺りにこのマークエリアを決めます。此方の画面でも細かい設定、細かい移動ができますので持ってきます。そしてリサーチエリアそうですね、これぐらいにしておきましょう。これの範囲は再生した時にこの黒い点がどこまでの移動距離でそれを、この Tracker がどこまで範囲で検索するかによって大きく変わってきます。これだけの動きのスピードでしたらそんなに大きくなくても大丈夫です。これぐらいで行けると思います。実際にトラッキングしてみましょう。そしてこちらの center_viewer をオンにしておきます。そうしますと、この Viewer のど真ん中に持ってくることができます。こちらの再生ボタン、こちらの Tracker のコントロールの再生 track_to_end を押します。そうしますと最後までトラッキングします。こんな感じですね。終わりました。終わりましたら、こっちのcenter_viewer をオフにしておきます。そして、この赤で信号機みたいなのがあるんですけどオンにしますとトラック精度がでてきます。この辺りが精度が悪そうですね。ズームしていきましょう。 ですから、この辺りからもう一度もう一度トラッキングをしてみましょう。良いですね。直りましたね。もう一度見てみましょう。そうしますと赤いポイントの所がなくなってますね。黄色が若干危ういかもしれませんけど気になるようでしたら、もう1度トラッキングすると、また精度が上がると思います。この様に、こちらのコントロール再生のトラックコントロールを使いまして1フレずつトラッキングも可能になります。消しましょう。例えばこちらを追加します。範囲を決め、こちらの1フレずつ1フレずつ、こうやってトラッキングすることも可能です。そして逆再生の1フレずつトラッキングを可能になってきます。そこからまた逆再生でトラッキングする。でストップ。此方の方も最後まで戻って、ここからトラッキングしたい場合は、再生ですね。そうするとトラッキングが始まります。もしこの範囲、今は範囲を決めずに目で見ながらこのコントロールを使って、止めたり、1コマ送ったり 再生したりしてたんですけど今度は範囲を決めたい場合フレームの範囲、例えば今回で申しますと1フレーム目から、まだトラッキングしていない21までやりたい場合そういう場合は 最初の1フレーム目に行きまして、この R ですね。 track_fwd_range というのがあるんですけどこれを押しますとこういったフレームレンジを決める所があります。今回は1、そして21まで1ステップずつトラッキングをこういう形でできます。この様にトラッキング自分でどんなふうにトラッキングするかを自由にできます。そしてほぼオートマチック、自動的にトラッキングしてくれるので時間のセーブにもなります。このレッスンではオートマチックトラッキングについてお話ししました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。