Nuke 10 基本講座

ロトのマスク使用例

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Rotoでマスクを作成した場合のマスク使用例を紹介します。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは Roto のマスク使用例について話します。まずこちらの素材にこちらの Roto を作ってみました。この Roto と画像を見比べてみましょう。お分かりになりますか。この Roto のサイズが違いますね。これは Project settings を見ますとfull size format が2K_Super_35 になっています。ですから、このプロジェクトサイズをこのサイズフォーマットに合わせて作ってしまったんですね。それを回避するために色んなやり方があります。まず Reformat で予めこの画像のサイズに合わせたReformat で合わせてこれに Roto を繋げて作ってみる。またはこちらの Shuffle ですね。Shuffle にrgba 度を真っ黒にした状態でこの Roto を作ってみる。もしくはこちらにある RemoveRemove を all でそしてこの Read に繋げた状態で作ってみる。そうしますと、ちゃんとサイズが合うようになります。ですから、この Roto が bg を何も繋がないまま作業してしまうと後からサイズが違うといった現象もありますので十分に注意が必要です。 HD のサイズに合わせた ReformatShuffleそして Removeどちらでも結構です。まずは繋げてRoto を作ってみましょう。あと、Roto なんですけどもこちら、この mask ですね。Grade が出ているんですけどもこの Grade のところにmask を繋げます。ダブルクリックしてProperties を出してみましょう。そうしますと、一回外します。そうしたらこちらの mask が自動的にオンになってrgba.alpha を選びます。そうした時に、こちらの Gradeこういう感じで色を変えることができます。ですから、mask を使ったこの Grade のmask ですね。こちらに繋げて使用する、そんなやり方もあります。また、ちょっと技術が高度でレベルが上がってしまうかもしれません。よく聞いてください。同じように mask なんですけどもこちらの A の真ん中の三角形部分を作っています。そしてこの Grade 同じようにGrade を繋げてるんですけどもこちら、先程はこの mask を使ってやりましたがこちらになります。同じようにこの繋がった状態でrgba.alpha こちらを選ぶと同じような効果が得られます。 ですから、2つパターンとして直接この mask を Roto に繋げる、もしくは Grade の所このインの所に Roto を繋げてGrade に対してのこの mask チェックを入れて使ってみる、この2つの方法があります。その他に、同じように Roto を作ってみました。今度はこの外っ面なんですけどもこの外側の Roto を作ったんですけどもこの状態ですとMerge ノードの over ではこんな状態で合成ができておりません。なぜなら、こちらがアルファチャンネルとしては存在しているんですけれどもプレマルチを使って周りを切ってないからです。ですからまず RotoダブルクリックしてProperties に表示します。こちらの Roto のプロパティの中にpremultiply こちらです。こちらの方をドン。rgba を選びますとこんな状態でプレマルチの効果が得られます。その状態で載せると、合成ができるようになります。Roto のマスクというのは、このように沢山使い道があります。ですから、この Roto本当によく使うノードですのでしっかりと練習しておいてください。このレッスンでは Roto マスクの使用例について話しました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。