Nuke 10 基本講座

ライトの追加

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Nukeではライトの追加が可能です。ライトの種類、配置方法など紹介しています。
講師:
07:19

字幕

このレッスンでは Light の追加についてお話ししたいと思います。3D 空間を持ってるこの NukeLight も追加できます。追加の仕方は、まず左側の3D から選びます。そして Light です。Light の種類としまして代表的なものはPoint Direct そして Spotまず Point を出してみましょう。そして 3D の Viewer に行きます。此方の方がLight のアイコンになるんですけどこれを配置したいと思います。もう少し上の方ですかね。こんな感じでそして、この Properties のIntensity ですね。こちらの数字をこういう風に上げると明るくなったりします。これぐらいにしておきましょうか。そして 2D の Viewer に戻ります。現在まだ反映はされてません。反映させるためにはこちらの ScanlineRender の方に行くようにしないと反映されません。その場合はこの Scene というノードにくっ付けます。そうしますと、こんな感じでレンダリングされ表示されます。また一応色の方Light の色ですね、こちらの方も作ることが可能になります。こんな感じですかね。 閉じますね。一旦外します。続きましてLightDirectこちらの Direct を1回見てみたいと思います。3D ですね。この 3D Viewer でもうちょっと拡大。こんな感じで配置しましょう。こっち側にしましょうか。そして、よくこの太陽光だったりとか使われれるこの Direct Light なんですけど方向をこういう感じで合わせて作ってみたいと思います。もう少しですね。下の方にこういう感じでそして 2D に戻りScene につなぎます。Intensity でもう少し明るくこんな感じですね。これが Direct Light になります。消しますね。続きまして 3DLightSpot Light になります。3D の Viewer に行き此方の方も配置してみましょう。この Spot ライトなんですけど劇場用の Spot ライトと全く同じ効果が得られます。もう少しですかね。そして、このコーンと言われる角度があるんですけど、見えますでしょうか?これですね、この角度によってスポットを当てることが出来るんですけどなかなか角度がわからない場合はこちらにあります、このポップアップメニューからSpotLight1 を選びます。 そうしますと、現状のSpot ライトの方向がわかるようになります。全然頓珍漢な方に行っていますね。なので、もう一度見てみます。こちらのスポットをもう少し下の方にそして角度もこういう風にそしてこちらの Spot を選びます。大体、こんな感じですかね。このカメラのつけてましてもうちょっと角度とか決めたいなという場合なんですけど先程は、この画面デフォルトの画面です。で操作をしたんですけどもう少し細かい設定をしたい場合そういった時に使えるのがこちら、キーボードの Command+OptrionWindows ですと Alt+Ctrl キーを押しながらグリーンのライトにします。点灯しましたね、この状態で動かしますと、こういう形でスポットの、この位置が一緒にtranslate と rotate が動くようになります。とりあえずこの位置にしてオフに実際に見てみましょう。こんな感じですね。もう少し Intensity を上げると今 SpotLight のこのコーンの円のエッジがキツイですね。そういう時はまず少しコーンを広げてこちらの数値を入れることによって滑らかになっていきます。もう少しちょっとすぼめましょうか。 こちらが SpotLight になります。1回外して消しておきます。実はこの Light ノードPoint とか色々1つ1つ出したんですけど一番上にあります、この Light実はこの3つすべて備わっています。1回 3D の方戻ってみましょうか。そうしますと、見やすい所にここで今 Point ライトですね。そして Direct ライトSpot ライトここで切り替えることによって使えるノードがこの Light ノードになります。それとは別に1つ1つのノードも用意しています、という感じですね。この Light ノード実際に出して使ってみて配置してみて下さい。そうするとよりリアリティな映像が作れると思います。このレッスンでは Light の追加についてお話ししました。

Nuke 10 基本講座

Nukeはノードをベースとしたデジタル合成ソフトウェアで、CGスタジオやポストプロダクションなどで多く使用されています。このコースではNuke10を使用して、Nukeの基礎的な概念や操作方法、Nukeの特徴でもあるチャンネルの概念やノードの扱い方、パラメータの変更やキーフレームによるアニメーションの作成と編集、ロトを使ったマスクの処理や作成などを説明します。

6時間10分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年06月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。