GIMP 2.8 基礎講座

インターフェイスをカスタマイズ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ウィンドウが分離したGIMPの初期設定インターフェースを、他のソフトのような1つのウィンドウにまとめたスタイルにカスタマイズします。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは GIMP のウィンドウが分離した独特のインターフェースを他のアプリケーションのような1つのウィンドウに纏めたスタイルにカスタマイズする方法を解説します。GIMP の初期設定のインターフェースはツールなどのドックや画像ウィンドウが独立した形になっていますがこのような方式になじめないという場合はシングルウィンドウモードに変えてみましょう。シングルウィンドウモードは画像ウィンドウの「ウィンドウ」メニューから「シングルウィンドウモード」を選ぶだけです。すると、1つのウィンドウにドックが収まります。この状態であれば他のメジャーなグラフィックアプリケーションのような操作感覚でオペレーションが可能です。また、シングルウィンドウモードはGIMP を再起動しても継続されます。このシングルウィンドウモードへの変更で1つだけ注意したい事があります。GIMP をインストール後の初期状態のインターフェースを使用していた際にシングルウィンドウモードに変更する前にツールボックスやレイヤー-ブラシなどのドックを閉じてしまうとシングルウィンドウモードに変更してもそれらのドックは表示されません。この状態で「ウィンドウ」メニューの「最近閉じたドック」から選択をして再表示させてもシングルウィンドウモードにしているにも関わらずドックが分離した状態になってしまいます。 そのような場合はドックを表示させた状態で一度「ウィンドウ」メニューからシングルウィンドウモードを解除します。もう一度「ウィンドウ」メニューからシングルウィンドウモードを有効にするとこのようにドックを収めることができます。このモードはバージョン 2.8 からサポートされました。独立したインターフェースではメインの画像を大きく表示できるメリットがありますしシングルウィンドウモードでは動線の少ない集約した作業ができます。どちらのインターフェースも試してみてより効率良く作業していきましょう。以上、GIMP の初期設定の分離したインターフェースを1つのウィンドウに纏めたスタイルにする方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。