GIMP 2.8 基礎講座

ツールボックスと各種ダイアログの構成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPのインターフェースの主要なツールボックスやレイヤーダイアログなどの基本的な構成と、覚えておきたい操作についての解説です。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは GIMP のツールボックスやレイヤーなどの基本的なダイアログ構成と覚えておきたい操作について解説をします。GIMP のインターフェースでは基本的に左側にツールボックスとツールオプションのダイアログが繋がったドック中央に画像ウィンドウ右側にレイヤーとブラシのダイアログがつながったドックがそれぞれ並んでいます。この構成でまず覚えておきたいのが左側に配置されているツールボックスとその下にあるツールオプションのダイアログの関係です。GIMP を操作する時に目的に合わせてツールを選び操作をします。そのツールが並んで表示されているのがツールボックスです。ツールボックスの各ツールアイコンをクリックするとボックスの下にあるツールオプションのダイアログが選んだツールに合わせて変わります。例えば、矩形選択ツールを選んでいる時は下にあるツールオプションの所には選択に関する設定項目が表示されます。また、テキストを選択するとテキストに関する設定項目に変わります。ツールオプションはタブ構成で表示されています。初期設定では1つのツールオプションしか表示されていませんがツールオプションの右側にある三角形のアイコンをクリックして「タブの追加」から任意のダイアログを追加できます。 その際に2つ目のツールオプションは勿論追加することはできませんが例えば、右側にもあるレイヤーダイアログをここのタブの追加から選んでこちらにもレイヤーダイアログを追加することができます。このタブはドラッグして移動して切り離しもできますし三角形のアイコンをクリックして「タブを閉じる」でダイアログを閉じます。更に、画像ウィンドウの「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」から例えば「ヒストグラム」や「ナビゲーション」などダイアログの表示数を増やしたりダイアログのタブをドラッグして青い太いラインが見えたタイミングでこのようにタブを上下左右に移動することもできます。その分、メインの画像ウィンドウの表示面積が減ってしまいますのでパソコンのデスクトップ環境に余裕がある場合以外は左右配置のままでいいでしょう。ダイアログの幅や長さは目的に合わせてダイアログの枠をドラッグして調整します。ただし、GIMP のオペレーションに慣れるまではあまりインターフェースの変更は行わず初期設定の配置かもしくはシングルウィンドウモードで基本的な項目をまず覚えた方が良いでしょう。以上、GIMP のダイアログの構成と配置のカスタマイズについてでした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。