GIMP 2.8 基礎講座

ツールボックスの構成と各種ツールの概要

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPのツールボックスに収められている34個のツールの種類と特徴です。用途別に配置されている点に注目すると、目的のツールが選びやすくなります。
講師:
06:15

字幕

このレッスンでは GIMP のツールの種類と特徴について解説をします。GIMP には画像編集をする為の道具が詰まったツールボックスが用意されています。もし表示されていない場合は「ウィンドウ」メニューから「新しいツールボックス」を選ぶと開きます。このツールボックスには34個ものツールが配置されています。ツールボックスのドックはドラッグして使いやすい幅に調整すると良いでしょう。ここでは横6列に配置しています。このツールボックスにはツールがそれぞれ大まかな用途別に配置されています。左上から順に紹介していくと長方形や正方形の領域を選択するための「矩形選択」円形や楕円の領域を選択する「楕円選択」フリーハンドで自由な領域を選択する「自由選択」クリックした地点の色と同じ色の閉じられた領域を選択する「ファジー選択」離れた所にある同じ色の領域も同時に選択する「色域を選択」輪郭に沿って半自動的に輪郭に沿って選択する「電脳はさみ」大まかに囲んで必要な部分だけを選択する「前景抽出選択」ここまでは選択範囲を作る為のツールが並んでいます。右側には、いわゆるベクトル形式による柔軟性のある線を作成する「パス」色を抽出する「スポイト」画像表示を拡大・縮小する「ズーム」画像上で長さや角度を測る「定規」といった編集作業をサポートする為のツールが並びます。 更に右側には、変形する為のツールが続きます。「移動」は任意のレイヤーのオブジェクトをドラッグして移動させますし「整列」は任意のレイヤーのオブジェクトの位置や間隔を定めます。「切り抜き」は画像の必要な部分だけを囲んで切り抜き「回転」はレイヤーもしくは選択範囲を任意の角度に回転させます。「拡大・縮小」も任意の箇所を拡大したり縮小します。「剪断変形」では任意の個所を平行に歪めますし「遠近法」は任意の範囲の角をドラッグして全体を歪めたり逆に遠近法の歪みを修正するのに使用します。「鏡像反転」はユニークで、任意の個所を水平もしくは垂直に反転させます。「ケージ変形」は変形したい部分を囲みポイントをドラッグしてフレキシブルに変形します。ここまでが変形に関するツールです。次は描画に関するツールです。「テキスト」は文字を入力します。ロゴを作成したりもします。「塗りつぶし」は任意の個所の色を塗り替えます。「ブレンド」はいわゆるグラデーションにより任意の個所を設定した色の順に塗り重ねます。「鉛筆で描画」と「ブラシで描画」はそれぞれ形状の異なるペン先やブラシによって様々な質感のある描画をします。「鉛筆で描画」は輪郭をくっきりと描き「ブラシで描画」は輪郭がなめらかです。 「消しゴム」はドラッグして色を消します。「エアブラシで描画」はマウスボタンを押し続けることで細かいインクの粒を徐々に吹き付けているかのような描画をします。「インクで描画」は逆に一定のインクの量ではっきりとした線を描きます。ここまでは描画に関するツールでした。そしてレタッチツールへと続きます。「スタンプで描画」はいわゆるコピースタンプツールです。画像上のある地点をソースに指定して他の部分に塗り重ねます。ゴミやシミなどをなぞって消したりします。「修復ブラシ」はコピースタンプと同じような用途ですが消したい部分を周りに自動的になじませながら消すことができます。「遠近スタンプで描画」は GIMP ならではのユニークで実用的なツールです。使い方は「スタンプで描画」や「修復ブラシ」と似ていますが遠近感に合わせて不要な個所を目立たなく消すことができます。「ぼかし/ シャープ」はピンポイントでぼかしたりシャープに仕上げます。「にじみ」は指先で色を伸ばしたり周りの色となじませたりするのに便利です。「暗室」も任意の個所を明るくしたり影を濃くするなどブラシでなぞってレタッチできるのが特徴です。そして一番下には色を選ぶための「描画色」と「背景色」があります。 このように GIMP のツールは数が多いので目的のツールを選ぶのが大変ですが選択や便利活用、描画、そしてレタッチ変形というようにおおよそのエリアを覚えておくことで使いたいツールが選びやすくなります。以上、GIMP のツールの種類と特徴についてでした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。