GIMP 2.8 基礎講座

元に戻すための操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPで行った画像編集の結果を、段階的に前の状態にもどしたり、一気に元の状態に戻す方法の解説です。
講師:
04:22

字幕

このレッスンでは GIMP で行った画像編集の結果を段階的に前の状態に戻したり一気に元の状態に戻す方法を解説します。画像に何らかの編集を行った際に1つ前の手順や数手順前に戻したりまたは一気に元の状態に戻したいということが生じます。一般的な方法としてはアンドゥ、1つ前の状態に戻すショートカットキーのWlindows では Ctrl+Z キーMac では Command+Z キーを押す毎に1つ前の状態へと遡ることができます。逆に先に進めるにはWindows では Ctrl+Y キーをMac では Command+Y キーを押します。また、編集メニューから1番上の項目の「元に戻す」を選択することで1つ前の状態に戻し「編集」メニューの上から2番目の「やり直す」を選択することで1つ先の状態に進めます。ここまでは1手順毎に、「戻す」「進める」という動作しかできませんでしたが段階的に戻したい、進めたいという時には作業履歴を利用します。「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」で「作業履歴」を選びます。ここにはツールを変更したりレイヤーを追加したなどのタイミングで要所要所の履歴がレイヤーのように記録されています。 1番下が最新の状態の履歴で上に行く毎に遡っていき1番上が元の画像の状態です。目的の履歴をクリックして選択をしてそこから又編集を進めるといったことができます。但し、その時点から新しい履歴に上書きされていきますので以前の最新の状態に戻すことができなくなります。ですから、この状態を残しておきたいという場合は画像を保存しておきます。但し、この作業履歴はGIMP 標準ファイル形式のXCF で保存しても残すことができないので注意しましょう。この作業履歴をどの程度残せるかについては「編集」メニュー、Mac では GIMP メニューから「設定」>「環境」の「作業履歴のメモリサイズ」の設定に依ります。また編集を重ねることで動作が重くなるようであれば作業履歴ダイアログの右下にある「すべての作業履歴を消去します」アイコンをクリックして作業履歴を削除するということも可能です。但し、「クリア」をクリックすると作業履歴が消去される直前の状態が履歴のトップになってしまうことと元の履歴を復活することができないので注意しましょう。現在の状態から一気に画像を開いた時の状態や保存直後の状態に戻したい時には「ファイル」>「復帰」を選びます。 「元に戻す」をクリックすると一気に初期状態に戻りますがそれに合わせて履歴もリセットされます。以上、GIMP で行った画像編集の結果を段階的に前の状態に戻したり一気に元の状態に戻す方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。