GIMP 2.8 基礎講座

GIMPの標準ファイル形式XCFで保存

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPの標準のXCFファイル形式について、特徴と保存方法についての解説です。
講師:
04:02

字幕

このレッスンでは GIMP の標準のXCF ファイル形式について特徴と保存方法について解説をします。GIMP で何らかの編集を行う上でテキストを入れたり、画像の一部分を切り取って貼り付けるなどの合成をする場合にはレイヤーの追加が不可欠です。レイヤーは透明なシートのようなものでそこに画像を貼り付けて重ねることによって一枚の絵として見せています。また、「チャンネル」ダイアログには透過や選択範囲をアルファチャンネルに記録したり「パス」ダイアログではパスツールで作成したベクトル形式のパスを追加することもできます。この様な画像を構成する複数の情報をそのまま保ちながらファイルとして保存をするにはGIMP 専用の XCF 形式を指定しましょう。XCF 形式で保存することによって一度画像を閉じたりGIMP を終了したとしても次回も同じ構成で画像を開いて同じ’状態から編集を続けられます。早速この複数の情報を含んだ画像をXCF 形式で保存してみましょう。「ファイル」メニューから「保存」もしくは「名前を付けて保存」を選びます。ここでは既存のファイルをそのまま残して新たな画像として保存したいので「名前を付けて保存」を選びます。 「画像の保存」ダイアログが開きます。ここでファイル名を入力します。この時既に名前の末尾にはxcf と拡張子が入力されていますので名前の部分だけを選択します。名前を入力します。ここでは rose と入力して次に保存する場所を選びます。デスクトップやピクチャなどのわかりやすい場所を選びます。保存をクリックすると指定したフォルダにXCF ファイルが追加されています。一旦 GIMP を終了して、保存した XCF ファイルをダブルクリックで開きます。GIMP が起動してレイヤーが複数重なった状態や「チャンネル」ダイアログにはアルファチャンネルがありますし「パス」ダイアログには追加したパスがそのまま含まれています。この様に画像を編集している過程において要所要所で XCF 形式で保存しておけばこの状態からまた編集を再開することができるので便利で安心です。一度 XCF ファイルで保存しておけば随時 Ctrl+S キーをMac では Command+S キーを押せば記録が上書できますし新たなバージョンとして保存したいのであれば再度「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を選んで名前を変更して保存します。 以上、GIMP の標準の XCF ファイル形式の概要と保存についてでした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。