GIMP 2.8 基礎講座

レイヤーの基本とレイヤーダイアログ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPにおけるレイヤーの概念と、レイヤーダイアログの見方や操作の方法の解説です。
講師:
07:29

字幕

このレッスンでは、GIMP におけるレイヤーの概念とレイヤーダイアログの見方について解説をします。この画像は一枚絵の様にみえますが実は、レイヤーという透明なシートの様なものにそれぞれ、画像のパーツが分けられています。下から、空の色を塗りつぶしたレイヤーその上に、背景のレイヤーさらに、菜の花のレイヤーチューリップのレイヤーそして、一番上にはテキストのロゴが配置されています。これらのレイヤーを重ね合わせることで全体で一枚の絵に仕立ててあります。これらの個々のパーツの構造を見ることができるのがレイヤーダイアログです。レイヤーダイアログが表示されていない場合は「ウィンドウ」>「ドッキング可能なダイアログ」>「レイヤー」を選びます。ここに重なっているのがレイヤーです。レイヤーによってはグレーの格子状になっている部分があります。これは透過、つまり透明になっていることを表しています。ですから、この部分には下のレイヤーの画像が透けて見えるという仕組みです。菜の花のレイヤーの透過部分には下の背景と更に、その下の空の色が透けて見えます。レイヤーにはレイヤー名が表示されていてダブルクリックすると変更することができます。 目の形のアイコンをクリックして個々のレイヤーの非表示 / 表示を切り替えられます。レイヤーを直接ドラッグして重なり順を入れ替えることもできます。青く表示されているレイヤーがアクティブ、つまり、現在選択していて編集しているレイヤーです。この状態であれば、通常はこのレイヤーのみに色の変更や移動、変形などの効果が加わります。例えば、菜の花のレイヤーを選択した状態で「モード」というレイヤーの見た目をガラッと変えることができる合成方法を「標準」から「覆い焼き」に変更してみると菜の花の部分にだけ、見た目が変化しました。「標準」に戻します。レイヤーの透明度を調整する「不透明度」は通常は 100 に設定されていますがこの数値を下げていくとドンドン透明になっていきます。0 で完全に透明になります。100 に戻します。「保護」はペイントなどの塗りや透明な部分に効果が及ばないようにロックをします。例えば、菜の花のレイヤーを選択した状態で「ブラシで描画」ツールを選びます。このツールでレイヤーをドラッグすると通常は、この様に全体にペイントすることができます。ここで「保護」のブラシの形をした「すべてのピクセルを保護」をクリックしてオンにしてドラッグすると描くことができません。 これはレイヤー全体が保護されているためです。ブラシの形のアイコンをクリックしていったん解除をしてその右にある「透明部分を保護」をクリックしてオンにします。この状態でレイヤーをドラッグすると今度は菜の花の部分だけペイントができます。これは不透明な部分にのみペイントができて透明な部分がロックされているため描くことができません。透明な部分を保護したい時にはこのボタンで切り替えます。クリックして、元の状態に戻します。また、レイヤーを見るだけでどの様な種類のレイヤーなのかを見分けることができます。一番上はテキストレイヤーです。レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると「テキスト」ツールに切り替わります。更に、画像上ではテキストの編集が可能になります。また、下から2番目のレイヤーにはレイヤーサムネイルが2つ並んでいます。左側は通常の画像のレイヤーサムネイルですが右側はレイヤーマスクというレイヤーの画像を部分的に見せたり隠したりするためのマスク、つまり保護する役割を持っています。このレイヤーマスクを右クリックして「レイヤーマスクの無効化」を選択すると今まで透過していた空の部分が不透明になり下のレイヤーの空の色が遮断されてしまいました。 再び、今度は「レイヤーマスクの無効化」を解除することで空の色が現れます。また、レイヤーダイアログの下には7つのアイコンが並んでいます。左側は新しいレイヤーの追加。右側は新しいレイヤーグループを作成。その右側の上下の矢印はクリックする毎に現在選択しているレイヤーを上下のレイヤーと入れ替えます。その右には、選択しているレイヤーを複製するアイコン。更に右側は、選択しているレイヤーに仮に貼り付けた状態を固定するアイコン。一番右側は、選択しているレイヤーを削除するアイコンです。さらに細かい設定項目は「レイヤー」メニューから設定を出すこともありますがレイヤーを右クリックして表示される項目からも操作ができます。この様に、レイヤーダイアログは画像を合成して編集するうえでのかなめになりますので随時、表示させて確認するようにしましょう。以上、GIMP におけるレイヤーの概念とレイヤーダイアログの見方についての解説でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。