GIMP 2.8 基礎講座

レイヤーのグループ化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のレイヤーをレイヤーダイアログでフォルダーのようにまとめて管理することができる、レイヤーグループの使い方です。
講師:
04:07

字幕

このレッスンでは、レイヤーをまとめて管理するグループ化について解説します。画像編集を加えていくと、レイヤーの追加や複製などによってレイヤーがどんどん増えていきます。例えば、ここでは、みかんレイヤーを選択した状態でレイヤーを複製するボタンを3回クリックして3 つのレイヤーを追加しました。そのまま重ねていってもいいのですがレイヤーダイアログが長くなり目的のレイヤーを選択するのにスクロールをしたりレイヤーダイアログを延長させるという手間がかかります。そこで関連するレイヤーは、レイヤーグループというフォルダに纏めておくと管理がしやすくなります。レイヤーグループは一般的なフォルダ単位で管理するのと同じです。レイヤーダイアログの「新しいレイヤーグループを作成し画像に加えます」というアイコンをクリックして追加します。名前の部分をダブルクリックして名前を変更できます。ここでは、「みかんグループ」と入力してEnter キーを押します。このフォルダに関連するレイヤーをドラッグして入れていきます。グループのサムネイルの左側にあるアイコンをクリックするとフォルダがたたまれてレイヤーダイアログの表示領域がすっきりとします。 必要に応じてもう一度クリックしてフォルダを開きます。グループ内にあるレイヤーは通常通り移動ツールなどでドラッグして移動させたり変形をしたりまた、着色で個々のレイヤーの着色も可能です。特定のレイヤーをクリックして選択そして、色メニューから着色を選び好きな色に変更することもできます。また、グループを選択した状態でレイヤーモードを、例えば「スクリーン」に変更するとグループ内のレイヤーすべてに同じモードを適応することができます。グループの左側にある眼の形のアイコンをクリックするとグループ全体を表示することもできます。なおレイヤーグループを1つのレイヤーにまとめたい時にはグループを右クリックして「レイヤーグループの統合」を選びます。1つのレイヤーになってレイヤーグループ名がレイヤー名になりました。1 つ前の状態に戻しましょう。グループを解除したい時には解除ボタンは無いのでレイヤーを1つずつドラッグしてグループの外に移動させて空になったレイヤーグループを右クリックで「レイヤーの削除」を選んで削除します。以上、GIMP でレイヤーをフォルダ単位で管理することができるレイヤーグループの使い方でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。