GIMP 2.8 基礎講座

自由に選択するツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自由な形を選択するツールの解説です。使い方次第で多角形で選択したり、細かい選択範囲をするのに重宝します。
講師:
04:34

字幕

このレッスンではGIMP で自由な形を選択するためのツールについて解説をします。使い方次第で多角形で選択もできたり細かく選択範囲を調整するのにもとても重宝します。ドラッグして、自由な領域を選択することができるのが投げ縄の形をしている「自由選択」ツールです。フリーハンドでドラッグした軌跡が境界線となり開始点と終了点を結んで囲まれた所が選択範囲になります。うまく開始点と終了点が重なると自動的に囲まれますが双方が離れている場合はEnter キーを押すかダブルクリックをすると結ばれます。選択範囲の解除はWindows では Shift+Ctrl+A をMac ではShift+Command+A を押します。また、選択をしている途中で解除するにはEsc キーを押します。「選択」メニューからも「選択を解除」することができます。この「自由選択」ツールはとてもユニークでドラッグによる曲線の範囲だけでなくクリックをしてポインターを移動した先でクリックをするとポイントの間を直線の境界線で結びます。つまり、クリックを繰り返すことで多角形の選択範囲が作れます。この様な形を選択する際に適しています。または、ドラッグして曲線を次はクリックをして直線といったような複雑な領域も選択できるという点で優れています。 「ツールオプション」はとてもシンプルです。「選択範囲に加えます」を有効にしてドラッグすると前に選択した範囲に追加できます。「選択範囲から引きます」を有効にしてドラッグをすると前に選択した範囲から引かれます。「現在の選択部分との交差部分を新しい選択範囲にします」を有効にしてドラッグすると前の選択範囲と交差した部分だけが選択範囲になります。「なめらかに」は境界をなめらかに選択をします。逆に境界をクッキリと切り取りたい時はチェックを外します。「境界をぼかす」にチェックを入れると境界をぼかす幅を調整することができます。「半径」のスライダーをドラッグするか数値を入力するか上下の小さい三角形のアイコンをクリックして数値を増減します。ここでは 100 に設定をして自由にドラッグをして選択範囲を作って「編集」>「切り取り」を選ぶとこの様に、境界が徐々になめらかに切り取られています。クッキリと切り取りたい時には「境界をぼかす」のチェックは外して選択をします。以上、GIMP で自由な形を選択するためのツールについて解説をしました。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。