GIMP 2.8 基礎講座

自動で選択するツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPで自動的または半自動的に選択するためのツールの種類と使い方の解説です。
講師:
07:48

字幕

このレッスンでは、GIMP で自動的または半自動的に選択するツールについて解説します。GIMP で選択をするツールは大まかに分けると7つあります。矩形選択、楕円選択、自由選択、これらのツールは手動で選択するのに対して残りのファジー選択、色域を選択、電脳ハサミ、前景抽出選択これらの4つのツールは画像の色や形などの一定の条件の領域を自動的に又は半自動的に選択をします。この魔法のスティックのような形のアイコンのファジー選択はクリックした箇所の色と同じ領域を一気に選択します。同じ色といっても差はあります。例えば、赤と一言に言ってもオレンジに近い赤やえんじ色では異なります。ここで赤い看板のオレンジ色の部分だけを選択したい時にはその色の内側をクリックします。すると、オレンジ色の部分が一気に選択できます。ところが、よく見ると所々選択できていない部分があります。これは微妙に色が異なる部分なのでこのように選択できなかった色の範囲を広げるにはツールオプションで閾値の数値を高めます。初期設定では、15 になっていますがもう少し数値を高めてみます。ここでは、50 に設定します。もう一度オレンジ色の部分をクリックすると選択されていない部分が少なくなりました。 さらに高めてみます。今度は、100 に設定をして同じ部分をクリックすると今度はえんじ色の部分にまで選択範囲が広がってしまいました。この様に特定の色の領域を適度に選択できるように閾値を調整します。ここで、Windows ではShift+Ctrl+ A キーでMac ではShift+Command+ A キーで選択範囲を解除します。閾値を今度は、50 に設定をしてグレーの部分をクリックして選択します。すると、閉じられたグレーの範囲の一か所だけが選択されました。他の色の部分や離れたところにある色を選択範囲に含めたいときには「モードで選択範囲に加えます」をクリックして、有効にします。この状態でクリックした箇所を次々選択範囲に加えていくことができます。また、「選択範囲から引きます」を有効にしてクリックをするとその部分が選択範囲から引かれていきます。「現在の選択範囲との交差部分を新しい選択範囲にします」を有効にしてクリックをすると選択範囲が交差する部分だけ選択範囲が残ります。このようにファジー選択ツールは画像の特定の色が連続している部分を一気に選択をすることができます。ただし、離れたところにある同じ色を一気に選択する事が出来ませんのでそのような時にはその隣にある「色域を選択」ツールを選びます。 一旦、選択範囲を解除します。「色域を選択」ツールの使い方はファジー選択ツールとほぼ同じです。予め閾値を設定してここでは、30 に設定をしてえんじ色の部分をクリックすると標識の他の色で区切られた離れたところのえんじの部分も選択範囲に含まれています。ただし、閾値が高すぎると他の色の領域にも及んでしまうため細かい調整が必要です。その次にあるのが、電脳ハサミツールです。これは選択したい物の輪郭上でクリックをしてポインタを移動して同じ輪郭上でクリックをすると自動的に輪郭に合わせて境界線を結んでいきます。Enter キーを押すと境界線が選択範囲に変わります。これは多少凹凸のある形でも色の差が大きいはっきりとしたものであれば比較的手軽に形に沿った選択範囲ができるので便利です。最後に紹介するのが前景抽出選択ツールです。選択したい形の外側を大まかにドラッグやクリックをして囲みます。ハイライトされている部分の選択したい形の内側の部分をドラッグして指定します。マウスボタンを放すと自動的に形に合わせてマスクがかかります。選択されていない部分は再度ドラッグして指定します。Enter キーを押すと選択範囲ができるという物です。 比較的色がはっきりしている大きな形の領域を、選択したいときに便利です。紹介してきた自動、または半自動で選択するツールである程度形に合わせて選択をしておき後は手動の選択ツールに切り替えて細かく選択範囲を調整していくというのが選択を効率よく行うためのベストな方法です。以上、GIMP で自動的または半自動的に選択するためのツールでした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。