GIMP 2.8 基礎講座

フローティングとレイヤーへの貼り付けを確定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コピーした画像を貼り付けたときに生成されるフローティングについてと、レイヤーに貼り付けを確定させる方法についての解説です。
講師:
04:02

字幕

このレッスンではコピーした画像を貼り付けた際のフローティングについてとレイヤーの貼り付けを確定させる方法について解説をします。GIMP ではコピーした画像をペーストすると仮に貼り付けた状態になります。これをフローティングと言います。この画像の中央の花が選択された状態で「編集」メニューから「コピー」を選びもう一度「編集」メニューから「貼り付け」を選ぶとレイヤーダイアログには「フローティング選択範囲」というレイヤーが追加されています。実際にはまだレイアウトして確定はしていません。名前の通りに浮いた状態になっています。この状態であれば そのまま選択範囲を移動ツールでドラッグをしたり拡大・縮小ツールで拡大や縮小などの変更も可能です。但し、花の外側に ペイントツール等でペイントしようとしても描くことができません。何故ならば選択範囲外になっているからです。しかも「選択」メニューからは「選択を解除」が選べない状態になっています。このままでは永久に選択されたまま浮いている状態になりますので一旦レイヤーへの貼り付けを確定する必要があります。下の画像へ直接貼り付けるのであればレイヤーダイアログの下にある、「フローティングレイヤーを固定します」をクリックします。 とはいえ、多くの場合は貼り付けた画像ごとに調整をするのが目的ですから独立したレイヤーとして貼り付けたいと思います。「編集」メニューから「フローティング選択範囲の固定を元に戻す」で 1つ前の状態に戻します。今度はレイヤーダイアログの左下にある「新しいレイヤーを画像に追加します」アイコンをクリックします。レイヤーのオブジェクト、つまり不透明な部分を最小限の領域で囲んだ貼り付けられたレイヤーに確定されます。選択範囲も解除され花の外側にもペイントすることはできるようにはなりました。但し、レイヤーに確定した段階で、レイヤーの領域は最小限に絞り込まれているのでそれ以外の部分にペイントができません。ですので、このレイヤーの領域をキャンバスと同じサイズに拡げる必要があります。「レイヤー」メニューから「レイヤーをキャンバスに合わせる」を選びます。これでレイヤー全体にペイントすることはもちろんフィルターなどの効果もかけることができるようになりました。以上、GIMP でコピーした画像を貼り付けた際のフローティングについてとレイヤーに貼り付けを確定させる方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。