GIMP 2.8 基礎講座

選択範囲の保存と再利用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPで作成した選択範囲を簡易的に保存して再利用する方法です。同じ選択範囲をいつでも呼び出して使うことが出来ます。
講師:
03:46

字幕

このレッスンでは、GIMP で作成した選択範囲を簡易的に保存して再利用する方法について解説をします。画像を編集するうえで効果を加えたり切り取ったりする部分を指定するための選択範囲は重要な役割を持っています。ただし、選択する物の形や色によっては手間と時間をかけてコツコツと作成しなければならないこともあります。このように苦労して作成した選択範囲を一度使って消してまた作り直すというのではあまりにも効率が悪すぎます。同じ選択範囲を次回も利用すると予想される場合は選択範囲を簡易的でもいいので保存をしておきましょう。この画像はレイヤーが二層になっています。画像の一部分を選択してコピーして貼り付けを確定した状態が重なっています。レイヤーに貼り付けを確定した時点で選択範囲は消えてしまいますが簡単に復活させることができます。貼り付けられたレイヤーを右クリックして一覧から不透明部分を選択範囲に選びます。選択範囲が復活しました。このように周囲が透明であれば不透明な部分から選択範囲を作ることができますがこの先、このレイヤーに編集を加えていくと同じ選択範囲を復活する事が難しくなります。そこで、この選択範囲を保存します。 選択メニューから「チャンネルに保存」を選びます。チャンネルダイアログが開いて下の方に「選択マスクコピー」というチャンネルが追加されています。これで、選択範囲が保存できました。一旦、選択範囲を解除します。選択メニューから「選択を解除」を選びます。レイヤーダイアログを開いて貼り付けられたレイヤーをクリックして選択します。この状態から、選択範囲を復活させてみましょう。チャンネルダイアログを開き選択マスクコピーを選んで、下にある右から2番目のアイコン「チャンネルから選択範囲を作成します」をクリックします。選択範囲が復活しました。このようにチャンネルに保存しておくことで同じ選択範囲をいつでも呼び出して使うことができます。なお、このチャンネルも含めてファイルに保存するには「ファイル」メニューから「保存」または「名前を付けて保存」を選んでXCF 形式で保存をしましょう。以上、GIMP で作成した選択範囲を簡易的に保存して再利用をする方法について解説しました。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。