GIMP 2.8 基礎講座

テキストの編集

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力したテキストの色や文字間、行間、文字揃えなどを変更します。パスに変換することもできます。
講師:
04:39

字幕

このレッスンでは入力したテキストの編集方法について解説をします。パスに変換することもできます。ここに、写真の上にテキストを入力したテキストレイヤーが重なっている画像が開いています。テキストレイヤーの状態であれば後から文字の変更やフォント・サイズ・文字の揃えなどの再編集ができます。テキストレイヤーのサムネイルをダブルクリックすると自動的にテキストツールに切り替わりテキストの編集モードになっています。テキストはテキストボックスで囲まれています。この状態で編集したいテキストをドラッグして選択をして色の変更などができます。ここでは「白い雲」をドラッグして選択します。入力後はできるだけ画像上の設定画面で調整するようにします。色のボックスの部分の「選択したテキストの色」をクリックするとカラーパレットが開きます。ここで好きな色に変更します。ここでは薄い黄色に設定をしてOK をクリックして変更してみます。テキストの選択を解除するにはテキストボックス内をクリックします。次に、行間を調整します。1行目と2行目の行間を空けたい時にはここでは「青い空」の左側をクリックしてカーソルをおいてツールオプションの行間隔のところの上下の三角形ボタンの上の方をクリックします。 行間が広がっていきます。ここでは36 に設定をしました。更に、「青い空」と「白い雲」の間にスペースを設けたい時には「空」と「白」の間にカーソルをおいて今度は画像上の設定の「選択したテキストのカーニングを変更します」の上向き三角形アイコンをクリックします。文字の間が広がっていきます。ここでは 84 に設定をしました。テキストボックス内に文字が表示し切れていない時には角をドラッグして広げます。文字の揃えを調整するにはツールオプションの揃え位置を切り替えます。左揃え右揃え中央揃えここまでは有効ですがその右側の「両端揃え」をクリックすると左揃えに戻ってしまいますのでここでは左揃えに切り替えておきます。このように、作成したテキストはパスに変更することもできます。テキストレイヤーを右クリックして「テキストをパスに」を選びます。パスダイアログを表示させます。「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」で「パス」を選びます。ここに新しいパスが追加されています。このパスのサムネイルをダブルクリックするとアンカーポイントとセグメントから成るパスであることが分かります。拡大表示をしてもう一度サムネイルをダブルクリックします。 パスツールに切り替わっていますのでそのままパスを調整することができます。テキストを自分でアレンジしたい時にはテキストをパスに変更して利用しましょう。以上、入力したテキストの編集でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。