GIMP 2.8 基礎講座

さまざまな効果のロゴを簡単に作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPでテキストを使って、さまざまな効果のロゴを手軽に作る方法です。
講師:
04:56

字幕

このレッスンでは GIMP でテキストを使って様々な効果のロゴを手軽に作る方法を解説します。ここに、写真の背景のレイヤーの上にテキストを入力したレイヤーが重なっている画像が開いています。このテキストの中に背景の画像を入れて背景を透明にするロゴを簡単に作ります。まずテキストの形の選択範囲を作ります。テキストの内側は色で塗られているので不透明でその周りは背景レイヤーを非表示にすると分かるように透明になっていることが分かります。ですので、この不透明な部分を使って選択範囲を作ります。テキストレイヤーを右クリックして「不透明部分を選択範囲に」を選びます。これでテキストの形の選択範囲ができましたのでテキストレイヤーは非表示にします。そして下のレイヤーをクリックして選択します。この選択範囲の部分のみ表示させてその周りを透過するにはレイヤーマスクが便利です。下のレイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの追加」を選びます。「選択範囲」をクリックして「追加」をクリックします。「選択」>「選択を解除」を選ぶとこれで写真入りのロゴができました。この文字の中に表示させる写真の位置を移動させることができます。レイヤーマスクのサムネイルをクリックして選択して移動ツールを選んで文字の部分をドラッグしていくとマスクが移動します。 移動させるとこのように好きな位置を表示することができます。後は切り抜きツールで必要な部分をドラッグして囲んでEnter キーを押すとこのようにロゴができました。必要に応じてリサイズをして保存をします。背景を透過した状態で保存するにはPNG 形式が適しています。ここで最初の状態に戻して別の方法でロゴを作ってみましょう。「ファイル」>「復帰」を選んで「元に戻す」を選びます。下のレイヤーを非表示にします。テキストレイヤーを選択して「フィルター」>「ロゴ効果」を選ぶとここに様々なロゴの種類が並んでいます。例えば、ここで「ネオン」を選んで「影を作成」にチェックを入れてOK をクリックするだけでこのような効果付きのロゴができます。バックグラウンドレイヤーを非表示にしてその下のレイヤーを表示させると背景画像付きのロゴになります。他にもロゴを作る方法として「ファイル」>「画像の生成」で「ロゴ」を選ぶとここにも様々なロゴ作成機能が並んでいます。ユニークなものとしては「牛模様」を選んで文字の所を日本語入力で「牛柄」と入力します。フォントサイズを 300 に変更してOK をクリックします。このような立体効果付きのロゴも作れます。 バックグラウンドを非表示にすると背景を透過できます。他にも色々簡単に作成できるロゴ効果がありますので是非試してみてください。以上、GIMP でテキストを使って様々な効果のロゴを手軽に作る方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。