GIMP 2.8 基礎講座

線を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GIMPで直線を描く方法について解説をします。正確な角度の直線も描けます。
講師:
03:18

字幕

このレッスンでは GIMP で直線を描く方法について解説します。GIMP で絵を描く時などは「ブラシで描画」ツールなどのペイントツールを使ってクリックやドラッグをして色を塗り重ねて描いていきます。短いストロークを描くのであればあまり気になりませんがフリーハンドですから長い直線をドラッグして描こうとすると至難の業です。そこで簡単な方法でペイントツールで直線を描いてみましょう。ここでは「ブラシで描画」ツールを選んでブラシは円形の 2 hardness 100 ブラシを選びます。サイズは 20 に設定をしてこのブラシで直線を描きます。線を描き始めたい位置でクリックをしてShift キーを押し続けます。マウスポインタを移動すると線が伸びるのでクリックすると直線が描けました。Shift キーを押し続けていれば次にマウスポインタを移動した先でクリックすると直線を延長します。次々とクリックして直線を結んでいって開始点に戻ってクリックをすると多角形の出来上がりです。新たな直線を描きたい時にはShift キーを放してから再度クリックをしてShift キーを押し続けてクリックをします。今度は水平の直線を描きます。 同じようにクリックをしたらWindows では Shift+Ctrl キーを押し続けながらMac では Shift+Command キーを押し続けてマウスを横に移動させると水平に線が伸びるのでクリックをします。そのまま縦に移動すると垂直な線が描けます。斜めに移動させると15 度ずつスナップしますので45 度の線も正確に引けます。消しゴムツールでも同じようにクリックして Shift キーを押し続けながら直線状に消すこともできますので細かい部分を修正したい時にはとても便利です。以上、GIMP で直線を描いたり直線状に消す方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。