GIMP 2.8 基礎講座

明るさとコントラストの調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の明るさとコントラストを調整する方法について解説をします。赤、緑、青のチャンネルごとに調整することで色の傾向を補正することもできます。
講師:
03:47

字幕

このレッスンでは GIMP で画像の明るさとコントラストを調整する方法について解説をします。画像にもう少しメリハリをつけたいという時には明るさとコントラストの調整を試してみましょう。「色」メニューから「明るさ・コントラスト」を選びます。とても簡単に操作することができます。明るさが足りないという時には「明るさ」のスライダーを右にドラッグします。ここでは 20 に高めました。明るくなると、今度は暗い部分との差がなくなるため全体が白っぽい印象になります。そこで「コントラスト」のスライダーを右にドラッグします。但し、画像によっては高めすぎると白い部分がとんでしまいますので適度に高めておきます。「コントラスト」も 20 に設定しました。「プレビュー」のオン、オフで調整前と調整後を比較します。かなり明るくはっきり見せることができました。ここで OK をクリックして完了しても良いのですが更にレベルアップを試みるのであれば「この設定をレベルで調整」をクリックします。色レベルの調整画面に切り替わります。黒い山形はヒストグラムと呼ばれる画像の明るい部分から暗い部分にかけてどのように色のピクセルが含まれているかを表しているグラフです。 この画像は右側の明るい方に多くピクセルが集まっていることがわかります。既に明るさとコントラスト調整を行った位置にハイライトとシャドウのマーカーが配置されています。ここでは中央のマーカーで画像全体の明るさを変化させることができます。ここでは左側に少しだけドラッグして1.11 に設定をして明るくしています。ここには自動調整も付いていますから手動よりもまず自動を試したいという時には利用しましょう。このレベルの調整では明るさとコントラストにはなかったチャンネルごとの調整ができるようになっています。通常は「明度」になっていますがここをクリックして赤、緑、青の各チャンネルに切り替えられます。青を選択して中央のマーカーを左にドラッグすると、青が強まり右にドラッグすると補色の黄色が強まります。ここでは少しだけ右にドラッグして0.91 に設定して青味を弱めます。OK をクリックして確定します。画像の強い色味を押さえる時や逆に色味を強めたいという時には各チャンネルに切り替えて調整しましょう。以上、GIMP で画像の明るさとコントラストを調整する方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。