GIMP 2.8 基礎講座

その他の色調を変化させるツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の色調を劇的に変化させることができる、さまざまなツールの種類と使い方の紹介です。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは画像の色調を劇的に変化させることが出来る様々なツールについて解説をします。画像の色を真っ黒と真っ白の2極化して’表現することができるのが’しきい値です。「色」メニューから「しきい値」を選びます。くっきりとした白と黒の画像に変わります。「しきい値」の黒い三角形のマーカーを右側にドラッグをすると黒で表現する割合が大きくなり左側にドラッグすると白で表現する領域が広がります。更に右側の白い三角形のマーカーを左側にドラッグすると白で表現する領域を狭めていきます。白と黒でバランスよく形を表現できるように黒いマーカーでおおよその形が見えるように設定した上で白いマーカーで白い領域をどこまで表示させるのかを調整します。OK をクリックします。しきい値では白と黒のみでグレーの中間調の領域がないためインパクトのあるイメージになります。ここで「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」で「作業履歴」を選びます。作業履歴ダイアログで元画像をクリックして元の画像に戻します。滑らかな白と黒で表現したい場合は脱色でグレースケール化します。「色」メニューから「脱色」を選びます。ここでは3種類の白黒の表現が選べます。 画像の色や明るさの構成によって見え方がそれぞれ異なりますので「明度」「光度」「平均」をそれぞれ試してみて思い描いているイメージに近いものを選びます。この画像の場合はバランスよく表現できているのは「光度」の様です。OK をクリックします。元画像をクリックして元の状態に戻します。今度は色を極端に単純化してみます。写真は多くの色を使って緻密に表現されていますがこの色数を制限することでべた塗りのようなイメージにします。「色」メニューから「ポスタリゼーション」を選びます。初期設定では「ポスタリゼーション」のレベルは3に設定されていてこのレベル3では、わずかに8色のみでこの様な表現に変化しています。スライダーを左にドラッグして2にすると色が更に単純化します。右にドラッグしていくと色数が増えて元の画像に近くなります。このポスタリゼーションの特徴は色を絞り込むことで単純に写真をイラストのように表現できることなのですがこの絞り込まれる色は、画像の色の構成によって異なるため思い通りの色にならないことが難点です。OK をクリックして確定して元画像をクリックして元に戻します。次は画像の色を反転させる方法です。「色」メニューから「階調の反転」を選びます。 この画像はカラーなので元の色の反対色に入れ替わりこの様なおどろおどろしいイメージになりますがマスクなどの白黒画像を簡単に白黒反転する場合等に役立ちます。元画像をクリックします。最後に「明度の反転」ですがこれは色相と彩度はほぼそのままで画像の白い部分と黒い部分だけが反転します。昼夜のイメージを逆転させる効果に利用します。この様に画像の色を簡単に変化させてみたい時には「色」メニューから「しきい値」「ポスタリゼーション」「脱色」「階調の反転」「明度の反転」を試してみましょう。以上、画像の色調を劇的に変化させるための方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。