GIMP 2.8 基礎講座

ぼかしを使った被写界深度の浅い効果

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ぼかし効果を使って被写界深度の浅い写真を演出します。レイヤーマスクでぼかしの範囲を調整します。
講師:
04:57

字幕

このレッスンではぼかしの効果を使って被写界深度の浅い写真を演出します。レイヤーマスクでぼかしの範囲を調整します。ここでは、この写真の中央の花と同じ距離の花の部分をクッキリと見せてそれ以外の部分をぼかすことによって奥行き感を出して花を引き立てます。初めに写真のレイヤーを複製します。レイヤーダイアログの下にある右から3番目の「レイヤーを複製し画像に追加します」というアイコンをクリックします。レイヤーが複製されました。実際のぼかしは下のレイヤーに加えるのですが複製したレイヤーにはぼかす領域を調整するためのレイヤーマスクを追加します。GIMP のレイヤーマスクは画像の全体や一部分を隠すという役割をします。上のレイヤーが選択されている状態でレイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの追加」を選びます。レイヤーマスクの初期化方法は「完全透明(黒)」を選びます。「追加」をクリックします。画像の見た目はこの段階では変化しません。マスクが透明だからです。レイヤーマスクの黒い部分は透明であることを表しています。次に下のレイヤーを選択してぼかしを加えます。「フィルター」メニューから「ぼかし」>「ガウスぼかし」を選びます。 ぼかしの半径は「水平」、もしくは「垂直」の数値を高めていって背景の形が完全にぼけない程度に調整をします。ここでは 30 ピクセルに設定をしてOK をクリックします。画像全体にぼかしが加わりました。花の部分にかかっているマスクを消していきます。上のレイヤーのレイヤーマスクのサムネールをクリックして選択します。「ブラシで描画」ツールを選んで描画色と背景色をリセットするアイコンをクリックしてから描画色と背景色を入れ替えるアイコンをクリックします。描画色が白、背景色が黒になります。ブラシの不透明度は50% にさげます。ブラシの種類は「2 Hardness 050」を選びます。ブラシのサイズは大きめの300 に変更します。この半透明の白いブラシで中央の花をさっと一度ドラッグします。一度のドラッグでは半透明な状態なので次のドラッグでは花の中央から周囲の花も含めて広めにドラッグしてくっきりと見せます。もう一度中央の花だけさっとドラッグをしてくっきりと見せて、これで完成です。「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」で「作業履歴」を選んで一番上の元画像の履歴と一番下の最後の履歴をクリックして比較してみます。 この様に周囲がソフトにぼけて中央の花が引き立ちました。以上、GIMP のぼかし効果とレイヤーマスクを使って被写体の回りをソフトにぼかした被写界深度の浅い写真を演出する方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。