GIMP 2.8 基礎講座

シームレス化による連続柄の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の一部分を使ってシームレスな連続模様を作成します。模様には不自然な境目のが無いので、壁紙などを作る際に便利です。
講師:
05:02

字幕

このレッスンでは画像の一部分を使ってシームレスな連続模様を作成する方法について解説をします。シームレスの名のとおり不自然な境目がないので壁紙等を作る際に便利です。ここに開いている画像は写真の花の部分を選択してコピーしてレイヤーに重ねています。下のレイヤーの目の形のアイコンをクリックして非表示すると上のレイヤーの周りは透明になっています。シームレスのパターンを作る時にはこの様に柄になる画像の周りが透明な方が汎用性があります。この上のレイヤーを選択してパターンを作っていきます。まずこのレイヤーをパターンサイズに縮小します。「レイヤー」メニューから「レイヤーの拡大・縮小」を選びます。レイヤーサイズの幅と高さの鎖形のアイコンが接続していてリンクしていることを確認します。単位はピクセルで「幅」に 300 と入力します。「拡大・縮小」をクリックします。花が縮小しました。今度はこのレイヤーの花の周りに余裕を持たせるように拡げます。「レイヤー」メニューから「レイヤーサイズの変更」を選びます。ここで鎖形のアイコンをクリックして接続します。単位は%で「幅」に 200 と入力して200% に拡大します。オフセットの中央をクリックして中央に配置します。 「サイズ変更」をクリックします。今度はこの花をレイヤー内で分割します。「フィルター」メニューから「マップ」>「シームレス化」を選びます。自動的に分割して四隅に配置されました。これでパターン用の画像はできましたがパターンにするには大きすぎるのでレイヤーを縮小します。「レイヤー」メニューから「レイヤーの拡大・縮小」で%を選んで「幅」の部分に 50 と入力して50% に縮小します。「拡大・縮小」をクリックします。これをパターンに登録します。「編集」メニューから「コピー」を選んでクリップボードにコピーをします。再び「編集」メニューから「クリップボードから生成」で「新しいパターン」を選びます。パターン名とファイル名を入力します。ここでは「パターン名」と「ファイル名」に共に「コスモス」と入力してOK をクリックします。パターンに登録されたかどうかを確認します。「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」で「パターン」を選びます。パターンダイアログの上の左から2つ目に「コスモス」という新しいパターンが登録されています。このパターンを選択した状態で塗りつぶしてみましょう。「ファイル」メニューから「新しい画像」を選んでテンプレートでここでは1600 × 1200 を選びます。 詳細設定をクリックして開いて「塗りつぶし色」は「白」を選んでOK をクリックします。「編集」メニューから「パターンで塗りつぶす」を選ぶと登録したシームレス用のパターンで画像全体に均等に塗りつぶすことができました。この様に連続柄を作る場合はシームレス化を利用しましょう。以上、画像の一部分を使ってシームレスな連続模様を作成する方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。