GIMP 2.8 基礎講座

ずらしマップで陰影にあわせて柄を変形

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の陰影の濃さにあわせて画像を変形するユニークな方法です。被写体の立体感に併せて柄を自然にはりつけたようなイメージになります。
講師:
05:02

字幕

このレッスンではGIMP で画像の陰影の濃さに合わせてレイヤーに重なっている画像を変形するユニークな方法を解説します。被写体の立体感に合わせて貼り付けたようなイメージになります。ここにカーテンの写真が開いています。このカーテンはドレープしています。光が当たっている部分は明るく、くぼんでいる部分は濃くなっています。この明暗が連続していることから、このカーテンはドレープしているということが分かります。このような立体的なものに他の画像を貼り付けて陰影に合わせてゆるやかに変形させます。ここではこのパターンで塗りつぶした別の画像を貼り付けます。一般的にはテクスチャー画像などを使用します。ここで注意したいのは、パターンのサイズとカーテンの画像のサイズが異なる点です。パターンの画像の方が少し大き目になっています。これを「編集」メニューから「コピー」を選んでクリップボードにコピーします。カーテンの画像をアクティブにして「編集」メニューから「クリップボードから生成」で「レイヤー」を選びます。パターン画像が貼り付けられます。ここでクリップボードのレイヤーのモードを「オーバーレイ」に変更します。パターンがカーテン画像に馴染みます。 カーテンの幅に合わせてパターンのレイヤーを変形します。「拡大・縮小」ツールを選んで画像をクリックして、レイヤーを囲む枠の右側の辺を左側にドラッグして縮めます。この時にカーテンよりも内側に入らないように、少し大き目に設定しておきます。「拡大・縮小」ボタンをクリックします。このパターンを変形する前にレイヤーをキャンバスぴったりサイズに合わせます。この操作は忘れずに行ってください。「レイヤー」メニューから「レイヤーをキャンバスに合わせる」を選びます。「フィルター」メニューから「マップ」で「ずらしマップ」を選びます。調整画面が開きます。ここで「 X ずらし」のソースをクリックして、カーテンのレイヤーを選びます。Y ずらしも同じようにカーテンのレイヤーを選びます。ここでカーテンのレイヤーを選べない場合は、貼り付けたレイヤーがキャンバスサイズぴったりに合っていないことが考えられますので、直前に「レイヤー」メニューから「レイヤーをキャンバスに合わせる」を必ず実行してください。「X ずらし」で水平にずらす数値を 100 に設定します。「Y ずらし」は 50 に設定をします。「ずらしモード」は「直交座標」で、「縁の処理」は「ぼかす」を選択します。 OK をクリックします。カーテンのドレープに合わせてパターンが変形しました。後はカーテンの外側にはみ出している部分を消しゴムツールで消します。ブラシの種類は「2. Hardness 050」を選んでいます。ブラシのサイズは 100 に設定をして、画像の上の方でクリックをしてShift キーを押しながら下にマウスを移動してクリックして、直線状にカーテンの柄を消します。これで完成です。カーテンの地の色を優先したいのであればレイヤーのモードを「比較(暗)」に変更して、「不透明度」で柄の濃さを調整します。以上、GIMP のずらしマップを使って被写体の立体感に合わせて柄を変形させて貼り付ける方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。