GIMP 2.8 基礎講座

集中線によるコミック効果

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の中央に向けて徐々に細くなる線を複数引いて、インパクトを加える効果の集中線を描いて、コミック風にアレンジします。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは画像の中央に向けて徐々に細くなる集中線を描いてインパクトを加えます。最初にこの画像の色を平坦にしてイラスト風にします。「レイヤー」メニュー>「レイヤーの複製」を選んでこのレイヤーにイラスト風のアレンジをしていきます。「フィルター」メニュー>「ぼかし」>「選択的ガウスぼかし」を選びます。ここで「ぼかし半径」を変更します。「ぼかし」は 19 に設定をして「最大」は 66 に変更してOK をクリックします。輪郭をはっきりと見せた状態で色を滑らかにぼかして単純化しました。次に集中線を描く為のレイヤーを追加します。「レイヤー」>「新しいレイヤーの追加」でレイヤーの塗りつぶし方法は「透明」を選択して OK をクリックします。集中線の色を描画色に設定します。描画色と背景色をリセットするアイコンをクリックして描画色を黒に、背景色を白に設定します。「フィルター」メニューから「下塗り」で「集中線」を選びます。ここで数値を設定していきます。「線数」は 40 に「鋭さ」は 0.5「オフセット半径」は 300 に「複雑度」は 200 にそれぞれ設定してOK をクリックします。一定の鋭さでランダムな長さの黒い集中線が描かれました。 今度は少しずらして細い線を加えていきます。「フィルター」メニューから「集中線 の再表示」を選んで今度は「線数」を 45 に「鋭さ」は 0.4「オフセット半径」は 300「複雑度」も 200 のままにしてOK をクリックします。細さと本数が違う集中線が追加されました。今度は線の色を変えてみます。描画色と背景色を入れ替えるアイコンをクリックして描画色を白にします。「フィルター」メニューから「集中線の再表示」で「線数」を 43 に「鋭さ」は 0.5「オフセット半径」は 400「複雑度」も 400 に変更してOK をクリックします。ランダムに白と黒の集中線が入り乱れて描画できました。集中線のレイヤーのモードを「微粒結合」に変更すると背景の画像になじませながら集中線を表示できます。以上、画像に集中線を描いてコミック風にアレンジする方法でした。

GIMP 2.8 基礎講座

無料で使えるGIMPは画像編集の総合的な機能を備えたソフトウェアです。このコースではGIMPに興味を持ち始めた方に向けて、基本操作から本格的なレタッチの方法まで詳しく解説します。レイヤーやレイヤーマスクの使い方から高機能なペイントやパス機能、優れた変形やレタッチ機能、さまざまなショートカットキーやカスタマー方法、コラージュ機能などについても解説します。

6時間01分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2016年07月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。