Excel 2013厳選!ワークシート関数

ROW関数

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
数式をコピーするだけで、自動的に数値が増減するROW関数を覚えましょう。
講師:
07:04

字幕

このレッスンではROW 関数の解説をします。チャプター 3 のメイン xlsx を開きシート 2 を開いてください。ROW 関数は行番号を返す関数です。例えば引数にA4 と指定するとセル A4 の行番号である 4 を返します。しかし、そんな使い方をしません。なぜなら引数に A4 を指定する段階で4 という行番号が分かっているからです。そうではなくROW 関数は引数を省略して使用する方法が一般的です引数を省略した ROW 関数は自分自身が入力されているセルの行番号を返します。試してみましょう。アクティブセルをセル C2 に移動します。=ROW と入力し空の括弧を入力します。Enter キーを押すと完成です。実行するとセル C2 には 2 が表示されています。これは引数を省略した ROW 関数が自分自信が入力されているセルの行番号を返しているからです。このセル C2 をセル C9 までコピーしてみましょう。アクティブセルをセル C2 に移動します。アクティブセルの右下にあるフィルハンドルをセル C9 までドラッグします。この様に引数を省略した ROW 関数は自分自身が入力されているセルの行番号を返します。 この ROW 関数は単体で使用されることはまずありませんが他の関数と組み合わせることで実に良い仕事をしてくれます。ここではA 列と B 列の表で最も下にある田中の数値を調べてみましょう。それには ROW 関数とIF 関数を組み合わせます。もし A 列の文字列が田中だったらROW 関数を実行しそうでなかったら空欄を返す様にします。ここでは田中という文字列がセル E2 に入力されていますのでA 列のセルがセル E2 と等しいかどうかを判定します。アクティブセルをセル C2 に移動します。=IF と入力して括弧を入力します。セル A2 をクリックし= を入力します。次に田中という文字列が入力されているセル E2 をクリックします。このままではこの数式をコピーした時セル E2 のアドレスが自動調整されてしまいますので自動調整されない様絶対参照にします。Function キーの F4 を押してE2 というアドレスを$B $2 に変換してくださいカンマを入力しROW 関数を入力します。ROW 関数の引数には何も指定しません。カンマを入力しIF 関数の条件が正しくなかった時つまり A 列の文字列が田中ではなかった時の処理を入力します。 ここではダブルクォテーションを2 つ続けて入力し空欄を返す様にします。IF 関数の閉じ括弧を入力すれば完成です。このセル C2 をセル C9 までコピーしてみます。実行するとA 列に田中が入力されている行だけROW 関数が実行されて行番号が表示されています。ここからがポイントです。この C 列に表示されている数値を使ってセル B8 を参照する数式を作ってみましょう。先ず C 列の中で最も下に表示されている 8 とはつまり C 列の中で最も大きい数値ですね。任意のセル範囲の中で最も大きい数値を調べるには最大値を求める MAX 関数やLARGE 関数を使います。どちらでも良いのですがここでは LARGE 関数を使いましょう。C 列全体をLARGE 関数で調べると一番大きい 8 という数値が分かります。この 8 と文字列のBを結合します。B が先頭です。すると B8 という文字列が出来上がりますねこの文字列の D8 を参照するのに使うのがINDIRECT 関数です。まとめると図の様になります。実際に試してみましょう。アクティブセルをセル F2 に移動します。=INDIRECT と入力して括弧を入力します。 続けて文字列のB を入力します。これは B 列という意味です。アンド記号を入力したらLARGE と入力します。括弧を入力してC 列全体を表すC:C と入力します。引数の区切りであるカンマを入力し1 を入力しますLARGE 関数の閉じ括弧を入力し最後 INDIRECT 関数の閉じ括弧を入力すれば完成です。試しにセル E2 の名前を変えてみましょう。指定した名前の最も下の数値を参照することができました。このレッスンではROW 関数の解説をしました。

Excel 2013厳選!ワークシート関数

Excelは誰もが知る表計算ソフトですが、数値の計算や文字の抽出などができるワークシート関数を使いこなしてこそ業務の効率化につながります。このコースでは苦手意識を持つ方が多いワークシート関数を使うために、必要な基礎知識から業務で役に立つさまざまな関数まで順を追って解説します。

1時間37分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。