Inventor 2017の新機能

スケッチ駆動パターンの追加

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しく追加されたスケッチ駆動パターンについてご紹介します。
講師:
04:37

字幕

このレッスンでは新しく追加されたスケッチ駆動パターンについて紹介します。では、Chapter 1 フォルダーにあるpattern というファイルを使って実際に操作を行ってみましょう。スケッチ駆動パターンは同一の形状を複数そしてランダムに配置したい場合に有効な配置方法です。今回はこのパーツに既に配置されているスロット形状とその口元の角 R をスケッチ駆動パターンで複数配置していきます。この方法でパターンを行う場合まず予めスケッチで配置位置を描いておく必要があります。では新しいスケッチを作成します。「3D モデル」タブの中の「2D スケッチを開始」を選択するか画面上で右クリックをしてマーキングメニューから「新しいスケッチ」を選択します。スケッチ平面としてこのパーツの上面を選択します。配置位置を決める為には「点」を使用します。その前にジオメトリ投影を使用して点の位置を正確に配置できるようにしていきます。まず部品の右側のこの上面のエッジを選択します。そして中央に配置したいのでこれは原点の位置を通る仮想平面を利用します。表示が隠れていますのでブラウザ上から Origin を展開してYZ Plane を選択します。 投影するのはこの2つなので右クリックで OKもしくはキーボードで Esc を押して終了します。では、点を作図していきます。「スケッチ」タブの「作成」の中から「点」を選択します。2つ点を書きます。1つ目は投影した YZ Plane 上に配置します。もう1つは右寄りに配置をしておきます。点は以上なので右クリックで OKもしくは Esc キーで終了します。次に寸法と拘束を使用して点の位置を定義していきます。まず寸法を記入します。「拘束」パネルから「寸法」を選択します。ではまず、真ん中の点の位置を決めたいと思います。この位置に寸法を配置して幅は 20mm とします。もう1つはやはり上面から右側の点の位置を決めます。こちらは 30mm にします。寸法記入は以上ですので右クリック OKもしくは Esc で終了します。次にスケッチ拘束の垂直拘束を利用して水平線の中点と右側の点の位置を揃えます。右クリックで OK もしくはEsc キーで終了します。ではこれで準備が整ったのでスケッチを終了します。スケッチ駆動パターンを実行します。「3D モデル」タブの「パターン」パネルから「スケッチ駆動」を選択します。スケッチ駆動パターンダイアログボックスが表示されまずパターン化するフィーチャを選択するように促されますのでスロットと口元のフィレットを選択します。 この時点で先程描いたスケッチの点の位置にパターンインスタンスのプレビューが表示されます。オプションとして参照にある基準点を使用して基準となる位置を変更することもできます。例えば、現在は円弧の中央が基準点になっています。これを円弧の中心に変えてみます。インスタンスの位置がずれたことが確認できます。定義が終了したら OK を選択してパターンを終了します。スケッチ駆動パターンが作成されました。このレッスンでは新しく追加されたスケッチ駆動パターンについて紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。