Inventor 2017の新機能

押し出しでのウィンドウ選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、強化された「押し出し」コマンドのオプション機能についてご紹介します。
講師:
02:59

字幕

このレッスンでは強化された押し出しコマンドのオプション機能について紹介します。では、Chapter 1 フォルダーの中にあるextrusion というファイルを使用して実際に操作を行っていきましょう。Inventor 2017 では押し出しコマンドで複数の閉じたスケッチを選択するという場合に一括選択を行うことができるようになりました。これにより、何度もクリックする必要がなくなりますので作業効率が大幅に向上します。では、この上面のスケッチに対して押し出しを作成していきましょう。「3D モデル」タブの「作成」パネルにある「押し出し」もしくは画面上で右クリックしてマーキングメニューから「押し出し」を選択します。そして、スケッチを選択する際に1つずつクリックするのではなくてウィンドウ選択を行うことができます。ここでウィンドウ選択について補足説明をしていきます。ウィンドウ選択は対角の2箇所を指示して領域を指定します。今私はこのカーソルを左から右に向かって選択をしようとしています。この場合、赤くハイライトします。次に、右から左へ向かって選択をすると緑色にハイライトします。このどちらの状態でクリックをするかによって選択するスケッチが変わってきます。 ではまず、左から右に向かって選んでみます。右下のスケッチは中途半端にかかる状態で選択をしてみます。ご覧のように赤い領域に完全に含まれたものだけが選択されました。では、この選択を一旦キャンセルします。選択をキャンセルするにはCtrl ボタンを使用して同じように操作をします。では次に、右から左へ向かって選択をしてみます。手前の領域も選択されました。このように、左から右へ向かって選択をする場合は完全に含まれた領域のみが指定されます。右から左へ向かって選択した場合つまり緑色の状態の時は一部でもかかっている場合は選択対象になります。この法則をうまく利用して目的の領域をうまく選択してみてください。OK で押し出しを確定します。このレッスンでは強化された押し出しコマンドのオプション機能について紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。