Inventor 2017の新機能

充実した3D作図オプション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、強化された3Dスケッチのオプション機能についてご紹介します。
講師:
05:06

字幕

このレッスンでは強化された3D スケッチのオプション機能についてご紹介します。では Chapter2 フォルダーにあるflange というファイルを使用して実際に操作を行ってみましょう。インベンター 2017 では3D スケッチを描く際のオプションが多数追加されました。より正確にすばやく思い通りの3D スケッチを描くことができるようになりました。これにより作図効率が大幅に向上します。では 3D モデルパネルの一番左、「2D スケッチを開始」を展開して「3D スケッチを開始」を選択します。線分を作図します。リボンの一番左側の線分コマンドをクリックします。では線分を書く前に右クリックで表示されるメニューの説明をしていきます。Z の方向を設定、ワールド座標系を基準に方向を設定交点をスナップこれらがバージョン 2017 の新機能です。さらに直交モード、ダイナミック寸法オブジェクトをスナップ拘束を推定配置これらも新たに追加されたオプションです。通常 3D スケッチは座標を参照しながら書き進めていきます。右クリックメニューにあったZ の方向を設定これは座標の方向を制御するオプションです。座標は赤が X 緑が Y青が Z を示します。 この Z 軸の方向を指定します。例えば手前側の平面をクリックしてみます。Z 軸が平面に対して直交する向きに設定されました。ではもう一度「Z の方向を設定」を選択してこちらの手前の軸を選択してみます。軸を選択した場合は選んだ軸に対して並行に Z 軸が設定されます。このように座標の方向が重要な場合にはこの機能が非常に役立ちます。ワールド座標系を基準に方向を設定こちらを選んでみます。この ワールド座標系というのはこの部品全体の座標系を表しています。この左下の方にある座標系がワールド座標系です。同じ方向にリセットされます。ではこの状態で線分を書き進めていきます。ではまず始点の位置を上面の中心の位置に設定します。そして御覧のように現在カーソルは必ず XYZ どちらかの方向にスナップするような形で書き進めることができるようになっています。これは先ほどご紹介したオプションの内直交モードがオンになっているからです。クリックしてみます。御覧のように任意の位置に線分を書くことができる状態になりました。直交モードを戻しておきます。また「交点をスナップ」を使用すると、指定した点にスナップするように線分を書くことができます。 例えばこの手前のコーナーを選んでみます。そうすると同じ長さに線分を書くことができました。そのほか「ダイナミック寸法」これはこちらに表示されている寸法が表示オン・オフとコントロールされます。また「オブジェクトをスナップ」これは先程の「交点をスナップ」の時のようなスナップ機能が必要ないときにオフにすることができます。このような形で 3D スケッチを作図することができるようになりました。なお直交モード・ダイナミック寸法オブジェクトをスナップ拘束を推定配置これらのオプションは画面の下側こちらのアイコンでもオンオフの設定をすることができます。このレッスンでは強化された3D スケッチのオプション機能についてご紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。