Excel 2013厳選!ワークシート関数

MATCH関数

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワークシート内を検索するMATCH関数を覚えましょう。
講師:
07:54

字幕

このレッスンではMATCH 関数の解説をします。チャプター 3 の メイン xlsx を開きシート 5 を開いてください。MATCH 関数はセル範囲の中で検索値を探しその検索値がセル範囲の何番目に存在するかを返す関数です。MATCH 関数には3 つの引数を指定します。1 つ目の引数は検索する値です。文字列や数値を指定します。2 つ目の引数には検索値を探すセル範囲を指定します。3 つ目の引数にはどのように検索するかを表す照合の種類を指定します。照合の種類には 1、0、-1 のいずれかを指定します。文字列を完全一致で検索する時は0 を指定します。数値を検索する時ピタリの数値が見つからなかった場合その数値より小さい数値が見つかったものとするには 1 を大きい数値が見つかったものとするには-1 を指定します。例えば図のように指定します。検索値に鈴木という文字を指定しました。検索する範囲にはセル A1 から A5 を指定しました。そして照合の種類には0 を指定して完全一致で検索してみます。鈴木という文字列はセル範囲 A1 から A5 の中で上から数えて 3 番目のセルに存在しますのでMATCH 関数は 3 を返します。 また数値を以下で検索するには図のようにします。検索値である 250 はセル範囲 A1 から A5 の中に存在しません。そんな時は検索値を超えない数値の内小さい数値が見つかったものとされます。ここでは 200 ですね。200 が入力されているセル A3 はセル範囲 A1 から A5 の中で上から 3 番目ですからMATCH 関数は 3 を返します。さて、このMATCH 関数を使ってA列に入力された日付の内3 月までの数値を合計をしてみましょう。ちなみに 3 月で最も大きい日付はセル A7 に入力されている3 月 25 日ですね。従って B 列の合計範囲はB2 から B7 になれば良いことが分かります。先ずセル E2 に MATCH 関数を入力して3 月で最も大きい日付を探してみます。3 月で最も大きい日付とはもちろん 3 月 31 日ですねしかし必ずしも A列に3 月 31 日が存在するとは限りません。31 日を超えない範囲で最も大きい日を探してみます。アクティブセルをセル E2 に移動し=match と入力します。括弧を入力して検索値を指定します。検索するのは 3 月 31 日です。しかし文字列で3 月 31 日と指定してはいけません。 A列で探したいのは文字列ではなく3 月 31 日を表すシリアル値だからです。そこで 2014 年 3 月 31 日を表すシリアル値をDATE 関数で作成します。date と入力して括弧を入力します。2014 カンマ3 カンマ31 閉じ括弧これで 3 月 31 日を表すシリアル値が検索値として指定できました。引数の区切りであるカンマを入力しMATCH 関数で検索する範囲を指定します。ここでは A1 から A10 までをドラッグしましょう。カンマを入力し最後に照合の型を指定します。ここでは 1 を指定して検索値を超えない日付を探すようにします。閉じ括弧を入力するとMATCH 関数の完成です。MATCH 関数は 3 月 25 日をA 列で見つけ 7 を返しました。もう一度確認しますが今回、合計する範囲はセル B2 から B7 になれば良いわけです。この内セル B2 は固定されています。従って合計範囲である B2:B7 の内B2:B までは決まっていて最後の行数に MATCH 関数で判明した 7 を結合すれば良いことになります。アクティブセルをセル E3 に移動します。= を入力します。最初の B2:B までは文字列として指定します。 ダブルクォテーションで囲むのを忘れないでください。この文字列に MATCH 関数の結果をアンド記号で結合してやります。これで合計する範囲が決まりました。後は文字列として作成した B2:B7 をINDIRECT 関数で参照しそのセル範囲をSUM 関数で合計してやります。アクティブセルをセル E3 から E4 に移動します。=sum と入力し括弧を入力します。INDIRECT 関数を指定しますのでindirect と入力して括弧を入力します。アドレスが作られているセルE3 をクリックし、閉じ括弧もう 1 つ閉じ括弧を入力すれば完成です。これで 3 月の数値だけが合計できました。試しに日付を変更してみましょう。セル A8 をクリックしてこの日付を 3 月 29 日に変えてみます。合計するセル範囲が自動的に変更されました。このレッスンではMATCH 関数の解説をしました。

Excel 2013厳選!ワークシート関数

Excelは誰もが知る表計算ソフトですが、数値の計算や文字の抽出などができるワークシート関数を使いこなしてこそ業務の効率化につながります。このコースでは苦手意識を持つ方が多いワークシート関数を使うために、必要な基礎知識から業務で役に立つさまざまな関数まで順を追って解説します。

1時間37分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。