Inventor 2017の新機能

コンポーネントの透明設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しく追加されたアセンブリコンポーネントに対する透明表示の設定についてご紹介します。
講師:
02:16

字幕

このレッスンでは新しく追加されたアセンブリコンポーネントに対する透明表示の設定についてご紹介します。では Chapter 4 というフォルダの中からgear というアセンブリファイルを開いて実際に操作を行っていきます。従来からパーツやコンポーネントに対して透明な色を設定したければ方法はありました。例えば、このカバーのパーツこれは現在「バイオレット」という色が設定されていますがこの色の設定を透明な色に変えることでご覧のように透明表示にすることができます。但し、この方法ですと透明ではない表示に戻したりまた、再度透明にしたりという風に繰り返す状況があると大変面倒です。そこで、この バージョン 2017 では新しく透明表示にするかどうかをオン・オフで切り替える機能が追加されました。では、一旦このカバーパーツの色を元の色に戻します。バージョン 2017 では透明にしたい対象のコンポーネントを右クリックして「透明」を選択するのみの操作でご覧のように対象パーツを透明表示にすることができるようになりました。この透明表示のオン・オフは外観の設定には影響を及ぼしません。この様なケースと、その中に様々なパーツが詰まっているような製品の 3D モデルでは、中の状態を確認しなければならないことが多々発生します。 その様な時に、この「透明」を活用することで効率よく中の様子を確認することができるようになります。このレッスンでは新しく追加されたアセンブリコンポーネントに対する透明表示の設定についてご紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。