Inventor 2017の新機能

クロス パーツ参照の機能強化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、強化されたパーツ間の関係性の確認機能についてご紹介します。
講師:
03:37

字幕

このレッスンでは強化されたパーツ間の関係性の確認機能について紹介します。Chapter 4 というフォルダにあるgear アセンブリを使用して実際に操作を行っていきます。アセンブリ環境ではインプレイス編集などによりアセンブリ内の他のパーツを参照しながら設計を進めることが多々発生します。パーツ同士の参照関係が発生すると修正が自動的に反映されて便利な反面関係を把握していないと思わぬ所で更新されてしまう場合もあります。そこでバージョン 2017 ではそのパーツ同士の関係性を検索しやすくする機能が追加されました。ではこのアセンブリで見ていきます。まず Base パーツをアクティブにします。ブラウザ上でダブルクリックします。このパーツのフィーチャの1番最後のフィーチャ、「穴」フィーチャにはアダプティブのマークが付いています。展開してみます。すると、スケッチで「参照1」、「参照2」と2つの参照があるのが分かります。従来のバージョンではスケッチの中で参照されている箇所が2箇所あるということまでは分かったのですが今回のバージョン 2017 ではそれがどこから参照をとっているかということが分かるようになりました。 この2つに「Cover 1」 「Cover 1」と書いてあります。つまりカバー部品から参照をとっているということが分かります。では「参照1」をクリックしてみます。すると左上のこの部分がハイライトしました。カバー部品のこの円形状を参照しているということが分かります。では参照1を右クリックしてみます。「参照を開く」というメニューが表示されています。これも新しい機能です。これをクリックすると参照先のカバー部品が表示されます。参照先の確認と同時にその参照先のファイルを開くということができるわけです。この機能によって既についている参照関係を意識しながらエラーが起こらないように設計を進めることが可能になります。では表示をアセンブリに戻します。下側のタブから gear アセンブリを表示します。ブラウザ上でもう一度「参照1」を選びます。ご覧のようにツールチップが表示されます。このツールチップによりこの gear アセンブリの中で穴2のスケッチを描く際に Cover 1 のエッジを投影したということが分かります。このようにパーツ間の関係性を確認しながら設計できることで予期せぬエラーを防ぎ余計な修正にかかる時間を短縮することが可能になります。 このレッスンでは強化されたパーツ間の関係性の確認機能について紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。