Inventor 2017の新機能

アセンブリ図面のバルーンおよび部品表機能強化

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、強化されたバルーンや部品表の機能についてご紹介します。
講師:
04:30

字幕

このレッスンでは強化されたバルーンや部品表の機能について紹介します。では Chapter 5 フォルダの中にある図面ファイルgear を使って作業を進めていきます。バージョン 2017 ではアセンブリ図面で必要になるバルーンや部品表について機能強化が図られました。まずバルーンについて説明します。バルーンの形状に四角形が追加されました。ではまず、バルーンを作成してみましょう。リボンの「注釈」タブ、そして「バルーン」こちらを展開して自動バルーンを作成していきます。まずビューを選択します。この正面図にバルーンを配置していきます。「コンポーネントの追加または削除」ですがすべてのコンポーネントを選択しておきます。次に「配置」の「配置を選択」のアイコンをクリックして配置位置を決めます。今回は下側に水平に配置をしましょう。OK で配置を完了します。ご覧のように通常は円形のバルーンが表示されます。では配置をしたバルーン上で右クリックをします。どのバルーンでも構いません。そして「バルーンスタイルを編集」をクリックします。「バルーン設定」領域内の「形状」の下にプルダウンがあります。こちらを展開してバルーンの形状を他の形状に変えることができます。 この矩形状が今回新しく追加されたバルーンの形状です。では矩形に変更してみましょう。選択ができたら「保存して閉じる」で終了します。ご覧のようにバルーンの形状が四角形になりました。ではまたバルーンをどれか右クリックで選択します。今度は「バルーンを編集」を選択します。「バルーンを編集」ダイアログボックスの中の「スタイルで形状をオーバーライド」をチェックします。これは個別のバルーンを異なるタイプに変更する為のメニューですがここにも矩形状が追加されています。ではここではキャンセルをして終了します。では次に部品表の機能拡張を紹介します。従来から図面内のブラウザでビューを展開してそこに表示されている各アセンブリやパーツ名、これらを右クリックして「開く」を選択すると「ファイルを開く」というメニューを選択しなくてもご覧のように対象のファイルを別のウィンドウで表示することができました。これと同じ作業を部品表の中で行うことができます。では表示を図面に戻します。右下に部品表があります。部品名を右クリックしてみます。ここに「開く」というメニューがあります。選択してみます。ブラウザで選択した時と同様ファイルを開くことができました。 このように、より正確に図面を作成できる機能そして、より効率良くファイル操作ができる機能が追加されました。このレッスンでは強化されたバルーンや部品表の機能について紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。