Inventor 2017の新機能

インポートしたSTEPファイルの関連性維持

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、強化されたデータ交換機能についてご紹介します。
講師:
06:11

字幕

このレッスンでは強化されたデータ交換機能についてご紹介します。では、Chapter 6 というフォルダに入っているアセンブリファイルredirection を使用して実際に操作を行っていきます。バージョン 2006 で他社製 CAD のネイティブファイルをInventor にインポートした後も関連性が維持されて他社 CAD データが更新された場合にそれが Inventor の中のデータに反映されるという機能が追加されていました。この機能が有効だったのはSolidworks、PTC creo、NX、CATIA 等あくまで CAD のネイティブデータのみでした。これが 2017 では中間形式ファイルであるSTEP にも対応しました。では、このアセンブリの中にSTEP ファイルを取り込んでいきます。「リボン」メニューの一番左側こちらのアイコンを展開して「インポートした CAD ファイルを配置」をクリックします。同じ Chapter 6 フォルダの中にあるcover.stp というファイルを読み込みます。インポートダイアログボックスが表示されます。関連性を維持した状態で読み込む場合は「モデルを参照」の方を選択します。 この状態で OK を選択します。任意の位置に配置を決めます。配置は1つでいいので右クリック>OK で終了します。ブラウザを見てみます。一番下に今読みこんだカバー部品が表示されています。アイコンの形が通常の部品のアイコンと違っています。これがインポートしたパーツであるという意味のアイコンになります。では、このステップ形式のファイルを変更していきます。ファイルは改めて「ファイルを開く」で別ウィンドウで開いていきます。ファイルの種類を STEP に切り替えます。cover を選択して開きます。今回は「モデルを変換」の方を選択して進めます。OK を選択します。ではこの部品の形状を変更していきます。STEP 形式のファイルですのでフィーチャはありません。そこでダイレクト編集の機能を使用していきます。「リボン」の「修正」パネルの中に「面を削除」というコマンドがあります。これを使用していきます。この内側に小さいアールがあります。これらを削除していきます。Ctrl キーを押しながら全周にわたって選択をしていきます。すべて選択ができましたら「ヒール」にチェックを入れてOK で終了します。内側のアールがすべて削除されました。 ではこのファイルを保存します。「名前を付けて保存」>「コピーを名前を付けて保存」でファイルの種類を STEP に変えてcover.stp これを上書き保存します。ではこの cover.ipt のウィンドウを閉じます。保存はしません。「いいえ」で閉じます。アセンブリのブラウザを確認します。cover の横に稲妻マークが付いています。元のファイルが更新されたという意味のお知らせです。「画面の情報」こちらのアイコンをクリックすると更新が始まります。ご覧のように稲妻マークがなくなりカバー部品を確認すると内側のアールが無くなっているのが確認できます。この様にステップファイルでも関連性を維持して編集を進めることができるので他社 CAD ユーザーの方と共同作業する必要がある場合に相手の設計が完了するのを待たず途中の段階から平行作業することが可能になって、無駄な待ち時間を減らし効率よく作業を進めることができます。尚、STEP ファイルからインポートしたパーツファイルでも通常の Inventor のネイティブファイル同様アセンブリ拘束を 行えます。このレッスンでは強化されたデータ交換機能についてご紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。