Inventor 2017の新機能

3D PDFへのエクスポートとビューイング

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、新しく追加された3D PDFに出力する機能についてご紹介します。
講師:
06:17

字幕

このレッスンでは新しく追加された3D PDF に出力する機能について紹介します。ではアセンブリファイルを使用してPDF の出力を行ってみます。Chapter 8 というフォルダの中にあるgear アセンブリを開きます。従来から Inventor のデータをPDF 形式でエクスポートすることはできましたがあくまで平面的なものでした。バージョン 2017 では 3D PDF 形式でエクスポートできるようになりました。これにより、PDF 上で 3D モデルを回転・移動させたりアセンブリの場合はその構成を確認したりなどデザイン・レビューの為のツールとして使用することができるようになります。ビューイングの際には専用のツールは必要ありません。最低限の PDF ビューワーがあれば使用できます。では「ファイル」タブ「書き出し」の中にある「3D PDF」を選択します。「3D PDF をパブリッシュ」というダイアログボックスが表示されます。ここで出力に関する詳細を設定することができます。プロパティエリアでは出力するプロパティの項目を選択することができます。「デザインビューリプレゼンテーション」これはデザインビューリプレゼンテーションが設定してあるアセンブリの場合にそのすべてを選択する、もしくは特定のリプレゼンテーションのみを出力する等選ぶことができます。 また品質を設定することもできます。そして出力先を選択したりテンプレートファイルを選択したりすることができます。通常テンプレートファイルはそのままで使用します。また必要に応じて添付ファイルを設定することもできます。Inventor のファイルだけではなくて様々なタイプのファイルを添付することができます。設定が終わったら「パブリッシュ」をクリックして出力を開始します。出力にかかる時間は使用しているファイルの容量や使用しているパソコンの性能に依存します。PDF が作成されました。「3D コンテンツが無効になっています。」といったメッセージが出てきた場合はオプションでどちらかを選択します。画面をクリックすると 3D のモデルが表示されます。ご覧のように Inventor から3D PDF をエクスポートすると閲覧用のユーザーインターフェースが既に埋め込まれています。そしてこれを利用してビューイングをすることができます。回転は左ボタンを押さえた状態で動かすと行えます。ズームイン・ズームアウトはShift キーを押しながらカーソルを動かします。左ボタンを押さえたままです。Ctrl キーと左ボタンで移動ができます。 その他の操作はこちらの左上にあるアイコンを使用して行うことも可能です。投影状態を選択することもできます。またこのツリーのアイコンをクリックすると左側にアセンブリツリーが表示されます。これを使用してアセンブリの構成を確認したりすることもできます。チェックマークをクリックすると表示のオン・オフができます。その他断面表示にしたりなどの表示の設定を行うことも可能です。更に、よく使うと思われる機能については右クリックのポップアップメニューから選択することも可能です。このような機能によりInventor を持っていない相手とのミーティングもスムーズに進めることができるでしょう。より作業効率の向上につながります。なお、日本語版の Inventor 2017 でこの 3D PDF 出力を行う場合不具合が発生することが確認されています。オートデスクのホームページに掲載されているホットフィックスをインストールすることで回避することができます。オートデスクのホームページInventor のページにアクセスします。メニューから「サポートとラーニング」をクリックします。検索窓で「3D PDF」と入力してEnter を押します。 検索結果を確認します。「Hotfix Inventor 2017 日本語のみ3D に書き出すためのトランスレーションの補正 PDF」これを使用します。インストールの方法については日本語のリードミーが用意されていますのでこちらでご確認ください。このレッスンでは新しく追加された3D PDF に出力する機能について紹介しました。

Inventor 2017の新機能

Autodesk Inventorは機械設計のための3D CADです。このコースではAutodesk Inventor 2017で搭載されたした新機能や強化された機能を紹介します。分解図を作成するプレゼンテーション機能や3D PDFファイルを有効活用するための機能、またクラウドサービスを利用した共同作業などについて詳しく解説します。

1時間36分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。